ボートレース鳴門「G1 大渦大賞開設69周年記念競走」展望 注目選手・水面考察・注目モーターを一気に紹介!

今年の大渦大賞は14年ぶりの5月開催、ダブルドリーム戦で盛り上がる。

「GⅠ大渦大賞開設69周年記念競走」がボートレース鳴門で、5月15日から5月20日までの6日間開催で行われます。

今年の11月に鳴門で開催されるSGチャレンジカップの前哨戦の意味合いもある今大会、地元の田村 隆信選手や山田 祐也選手は出場権を獲得するために乗り慣れた水面で賞金を上積みしていきたいところです。

個性溢れるメンバーが集まった大渦大賞、早速有力選手を紹介していきましょう。

 

未来を読み切る競艇予想!大注目の新サイトが誕生


競艇ゴールド

配当が降ってくる!先を推測して的中ラッシュをお約束

2022年、このサイトを利用せず何を利用する!?

競艇ゴールドの魅力とは

⇒まずはLINE無料登録
限定で特大な加入特典も

 

G1 大渦大賞開設69周年記念競走 概要

日程: 05/15(日)~05/20(金)

グレード: G1

会場: ボートレース鳴門(鳴門競艇場)

 

G1 大渦大賞開設69周年記念競走 注目選手

丸野 一樹

まずは丸野 一樹選手です。鳴門で昨年開催されたBBCトーナメントで優勝、その後のグランプリでも優勝戦進出と若手でSGに一番近い選手とされています。

鋭いまくり差しは引き波を越えて割って入るように力強く、道中の競りにも負けません。直近のゴールデンウィーク地元戦でも優勝していて調子は上々、鳴門GⅠ連覇に向けて参戦します。

 

西山 貴浩

次いで西山 貴浩選手です。鳴門水面をとても得意としている選手で過去に3度の優勝、本人の勝率では前ボートレース場中第2位と地元水面よりも結果を出している水面になります。

最近GⅠではモーター運に見放され厳しい戦いが続いていますが、一般戦では格の違いで好成績を残していています。結果を出している鳴門は差しが決まりやすい水面と西山選手のレーススタイルが合っているのが要因だと思われるので、今節も鋭い差しでファンを魅了してくれることでしょう。

 

石野 貴之

石野 貴之選手も侮れません。鳴門では3度の優勝、そのうちSG2勝と実績ではナンバーワン、昨年の大スランプからも脱出、4月の一般戦で鳴門水面でレースもしていて直近の感覚は掴めているはず。

石野選手の気持ちひとつで強さが復活するのは間違いなく、強気のレースと冷静な戦いっぷりに注目したいです。

 

原田 幸哉

地元からは総大将、田村 隆信選手に期待です。3月の地元一般戦での優勝、2月のGⅠ地区選での優出と鳴門ではワンランク上の強さを誇っています。

以前よりは少なくなりましたが、進入からのコース取り、強気のレーススタイルは徳島支部ではもちろんナンバーワン。

11月に開催される地元SGチャレンジカップに出場するためには賞金の加算が必須で、今大会で大幅な賞金の上積みをしたいところです。初日のドリーム戦に出場します。

 

山田 祐也

地元の若手からは2月の四国地区戦でGⅠ初優勝をした山田 祐也選手です。

地元鳴門水面では7度の優勝と好相性、差し主体のレーススタイルは鳴門でも存分に発揮できます。

こちらもSGチャレンジカップに向けて賞金を加算していく大事な時期、ひとつでも上の着順を狙って豪華遠征勢に立ち向かいます。初日のドリーム戦に出場します。

 

その他

そのほかにも今節は超伸び型選手の菅 章哉選手、藤山 翔大選手が登場、スリットから1マークまでの戦いに脳汁が溢れる興奮が出来ること間違いなしの展開に期待がもてます。

さらに、毒島 誠選手、前本 泰和選手、岡崎 恭裕選手、茅原 悠紀選手、森高 一真選手、島村 隆幸選手、興津 藍選手、馬場 貴也選手など地元勢、遠征勢が入り乱れた混戦模様となりそうです。

全選手はこちら

 

G1 大渦大賞開設69周年記念競走 ドリーム戦

初日 ドリーム戦 出場選手

 

2日目 ドリーム戦 出場選手

 

G1 大渦大賞開設69周年記念競走 あれこれ

 

インが弱い水面とされるボートレース鳴門。1マークも狭いためどのコースからでも捲りが決まりやすいです。

そして鳴門は干満時で展開の有利不利が生じやすいのも特徴で天候次第では安定板や周回短縮が行われることもしばしば。

得意不得意が分かれやすい場でもあるので地元選手レーサーの活躍が期待されます。

 

昨年はG2優勝、今年は2月の四国地区選を当地で制覇し嬉しいG1ウィナーの仲間入りを果たした地元徳島支部の山田 祐也選手。今節はドリーム戦の出場も予定されています。

徳島支部を長年引っ張る田村 隆信選手より下の世代からの突き上げが期待されていた中でようやく誕生した地元のイケメンレーサーが今度は記念制覇を狙う。

 

ボートレース鳴門はホームページが非常に充実している事でもお馴染み。

モーターの仕様履歴、選手ごとの鳴門での詳しい成績、全レースの無料予想まで新聞など必要が無いほどホームページを基に予想を楽しむ事が出来るコンテンツが豊富に揃っています。

ボートレース鳴門公式サイト(外部リンク)

更に、今節に合わせて大渦大賞の特設サイトも設立されているのでそちらも合わせて利用することで舟券攻略のヒントとなることでしょう。

大渦大賞特設サイト(外部リンク)

 

舟券を当てたいそんなあなたへ

【PR】データ・サイエンスが勝利へ導く 新競艇予想ロジック

トリプルクラウン

無料情報実績

05/19 無料情報

常滑10R【18.8倍】的中

払い戻し【18,800円】

 

05/20 無料情報

福岡7R【17.3倍】的中

払い戻し【17,300円】

 

登録

① ページ内の入力欄にメールアドレスを入力し『会員登録メールを受け取る』をクリック
② 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる(メールが届かない場合は迷惑メールフォルダに届いてる可能性があります。)

 

G1 大渦大賞開設69周年記念競走 注目モーター

(使用期間 2022年 04/06~ 2022年 05/08)

注目機トップ

31号機 2連対率40.7% 優勝1回 池永 太選手
77号機 2連対率40.7% 優勝1回 山地 正樹選手
66号機 2連対率38.8% 優勝1回 大田 和美選手
17号機 2連対率31.0% 優勝1回 竹田 辰也選手

 

注目機解説

ボートレース鳴門のモーターは4月に新モーターに変わったばかりで多くてもまだ4節しか使われていないので大きな傾向は出ていません。

注目機以外では、2連対率は22号機、73号機、25号機、56号機なども上位となっており今節トップレーサーが集結して使用、整備をすることで変動が起こる可能性は高そうです。

 

全モーターがこちら

 

G1 大渦大賞開設69周年記念競走  予想ポイント

ボートレース鳴門は海水で潮の干満があります。干潮ならまくり、満潮ならインが有利なのは他のレース場と同じ傾向なのですが、とにかくインが勝ちにくいのが特徴です

チルトは-0.5から+3.0まで調整がきて選手の個性や水面の状況によって幅広い調整ができる上にこの時期良く吹く追い風がレース、舟券購入を難解になります。

GⅠでもその傾向に大きな変化はないと思われるので、一般戦よりはインが強くなるのは当たり前ですが、ある程度穴目線で手広く舟券を予想していくほうがよいでしょう。

 

G1 大渦大賞開設69周年記念競走 まとめ

5月の梅雨入り前の気候が一番良いときのGⅠ大渦大賞、多彩な決め手とトップ選手の活躍、そして穴舟券に期待をしたいですね。

 

注目レースを毎日無料で配信クリック

 

管理人からのお願い

LINE登録


おススメ情報を配信

 

ブログランキング

ブログランキング参加中

 

おススメサイト

【PR】データ・サイエンスが勝利へ導く 新競艇予想ロジック

トリプルクラウン

無料情報実績

05/19 無料情報

常滑10R【18.8倍】的中

払い戻し【18,800円】

 

05/20 無料情報

福岡7R【17.3倍】的中

払い戻し【17,300円】

 

登録

① ページ内の入力欄にメールアドレスを入力し『会員登録メールを受け取る』をクリック
② 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる(メールが届かない場合は迷惑メールフォルダに届いてる可能性があります。)

 

平均評価: 0