G2 第9回 レディースオールスター 展望

G2 第9回 レディースオールスター 展望

G2 第9回 レディースオールスター」がボートレース宮島で、5月7日から12日までの6日間にわたり開催されます。

開催時期の変更があった関係で今年は2度開催されることとなった人気投票で選ばれた女子レーサーだけのグレードレース。

前回大会を優勝した渡邉優美やG1レーサーとして地元凱旋となる浜田亜理沙など人気レーサーが集結。

 

概要

開催日:05/07(火)~05/12(日)
開催地:ボートレース宮島
グレード:G2
優勝賞金:450万円

 

注目モーター

(使用期間 2023年 10/17~ 2024年 04/28)

番号 2連対率 使用者
15 45.2% 勝浦真帆
75 44.6% 寺田空詩
39 44.1% 平高奈菜
29 43.1% 中谷朋子
62 42.6% 海野ゆかり

解説

宮島のモーターは昨年の10月から使われています。今年の宮島は超抜機がまだ見当たらないことです。

2連対率をみても50%を超えるモーターはなく、直近の動き、選手の調整次第で、上位から中堅クラスのモーターまで十分にチャンスがあります。そのなかでも2連対率最上位なのが15号機です。近況上昇傾向で出足と伸び足も目立つ動き。

1周タイムの早いときが好仕上がりの目安になるので、直前の展示情報を確認して仕上がり具合を判断するとよいでしょう。29号機は女子レーサーが乗ると足が良くなる魅力的な1機。行き足を中心にしっかりとした舟足になるので、穴的モーターとして節間通して注目です。

その他のモーターはこちら

 

予想ポイント

宮島の水質は海水で、流れや水位の変化はあります。チルトは-0.5度から+3.0度まで調整が可能です。

潮位の差がとても大きく、干潮時は静かな水面で、センターや4カドからスピード勝負に持ち込むレースが決まりやすく、それに比べて満潮時はうねりが出やすくなり、難しい水面に変化します。そのときはイン逃げや2コースの差しに魅力が出てきます。

また、満潮時は1マークに向かって追潮になりインが圧倒的に有利です。干潮時は1マークに向かって向潮になりダッシュ勢が有利になります。

 

高配当情報

ギャラクシー

日時 2024年 05月20日
レース数 浜名湖7R
結果 5-3-4
倍率 139.8倍

 

注目レース

最終日 優勝戦(12R)出場選手

枠番 選手名 支部
1 守屋  美穂 岡山
2 西橋  奈未 福井
3 長嶋  万記 静岡
4 實森  美祐 広島
5 平高  奈菜 香川
6 岩崎  芳美 岡山

注目選手

守屋美穂

 

支部 2024 優勝回数
岡山 101 3

大山千広の欠場が長引いている影響もありレディースオールスターの投票において不動の首位に君臨。

もちろん人気だけでなく実力でも他を大きくリードする自在性のある攻めと走りでファンを沸かせる。

準地元である宮島では昨年のヴィーナスシリーズにて初優勝を飾っている舞台。

児島のG1の準優勝戦で痛恨のフライングがあり年内のG1、G2レースの斡旋のストップ。今年最初で最後のタイトル獲得のチャンスとなってしまったことがどう出るか?

浜田亜理沙

支部 2024 優勝回数
埼玉 104 1

昨年のPG1クイーンズクライマックスの優勝を機に今年も大活躍中。3月のSGボートレースクラシックでは自身の誕生日に勝利を挙げました。

ボートレース宮島は中田竜太との結婚で移籍をするまでの元地元水面。デビューからまだ優勝をしたことが無いとはいえ思い入れのある舞台での活躍に注目。

一時は「インで勝てない選手」、「優勝戦で弱い選手」とも言われましたが今や女子きってのインの信頼度を誇るかつての天才がその輝きを取り戻しつつあります。

 

實森美祐

支部 2024 優勝回数
広島 119 0

2022年のSGボートレースオールスターにて当地にてSGデビューを果たすと好モーターにも救われ予選を突破。同年のPG1レディースチャンピオンでは優勝戦で1号艇を獲得と大活躍を果たすも大一番でのフライング失格に散りレース後に悔しさから号泣。

これ以降は自身の不甲斐なさやレース後の批判の声によるトラウマからA1級復帰すら出来ない状況も昨年11月には因縁の地であるボートレース丸亀で初優勝を達成と少しずつ復調の気配を見せ始めている。

A2級選手としては異例ともいえる初日ドリーム戦(5号艇)にも抜擢。地元ファンの期待に応える走りで初のグレードレース制覇を狙う。

 

全ての選手はこちら

 

(PR)無料予想おススメサイト紹介

  • 当サイトが厳選した10サイトを紹介。
  • このサイトからの登録での特典あり。
  • 高配当を簡単に当てたい人必見!

 

まとめ

女子レーサーとして唯一のSGタイトル保持者である遠藤エミ、豪快な旋回でファンを沸かせる平高奈菜といった実力派はもちろんのこと西橋奈美、平川香織、刑部亜里紗といった次世代のエース候補が今大会は出場を予定している。

ゴールデンウィーク終わりに開催時期が変更となった今大会で優勝を飾るのはいったいどの選手か?今から開催が楽しみです。

 

概要欄

ボートレーサーSNS 一覧

 

管理人からのお願い

LINE登録


おススメ情報を配信

 

ブログランキング

ブログランキング参加中

 

平均評価: 0