G1 読売新聞社杯全日本覇者決定戦 展望

G1 読売新聞社杯全日本覇者決定戦(開設70周年) 展望

SGレベルの好メンバーが集結した、話題と注目度MAXの若松周年記念が始まります。

G1 読売新聞社杯全日本覇者決定戦」ボートレース若松で、1月20日から25日までの6日間にわたり開催されます。

今回の全日本覇者決定戦は話題てんこ盛りの周年記念です。グランプリに出場していたメンバーが多数参戦。さらに峰竜太選手が1年ぶりのGⅠ復帰戦になるなど役者がほぼ出揃った大会になります。

それでは有力選手の紹介です。

 

G1 読売新聞社杯全日本覇者決定戦 概要

日程: 01/20(金)~01/25(水)

グレード: G1

会場: ボートレース若松(若松競艇場)

補足

初日、2日目にはそれぞれドリーム戦が組まれている。


初日(ドリーム戦1st)出場選手

① 瓜生 正義
② 池田 浩二
③ 石野 貴之
④ 桐生 順平
⑤ 井口 佳典
⑥ 茅原 悠紀


2日目(ドリーム2nd)出場選手

① 峰 竜太
② 山口 剛
③ 毒島 誠
④ 馬場 貴也
⑤ 深谷 知博
⑥ 羽野 直也

 

G1 読売新聞社杯全日本覇者決定戦 注目選手

峰 竜太

まずは1年間の試練を乗り越えて再びGⅠの舞台に復帰する峰 竜太選手。

昨年はペナルティで厳しい制裁を受けて一般戦で走り続けていました。そのなかでも他の選手よりも意識の高いレースを続けて、休み明け後は11優出、6Vとレベルの違う走り。さらに進化した印象がありました。

ここはGⅠ復帰戦で普通の選手ならまずは様子見となるでしょうが、峰選手の場合は全く当てはまりません。いきなり優勝候補の筆頭になるでしょう。

現役レーサー屈指のスピード、パワー、調整力に期待です。

 

馬場 貴也

馬場 貴也選手も好気配。

昨年はグランプリ優勝戦では2着、惜しくも賞金ランキングも2位に終わるなど、最後に足踏みをしてしまいました。気持ちを切り替えて今年を迎え、新年から順調なレースを続けています。

峰選手からも警戒される馬場選手のウイリーターンは破壊力満点。差し合戦が見れると思うと、とても楽しみです。

 

毒島 誠

ナイターキングの毒島 誠選手は今年はグランプリ出場に向けて気合が入っています。

昨年は惜しくもグランプリ出場を逃してしまった毒島選手。シリーズ戦の優勝戦でも1号艇で2着に敗れるなど、ここ一番で負けることが目立った1年でした。気分一新、今年は新年の地元レースで堂々の優勝。盟友、峰選手が復帰する今大会は優勝したい大会のはず。

得意のナイターレースで好成績をおさめて、幸先良い1年のスタートにします。

 

瓜生 正義

地元選手も好メンバーが集まり遠征勢を迎え撃ちます。

まずは総大将、瓜生 正義選手です。昨年は優勝こそありませんでしたが、グレードレース、一般戦問わず多数優出、好成績を上げていました。

走り慣れた若松水面でベテランのテクニックと調整力で久しぶりの優勝を目指します。

 

羽野 直也

羽野 直也選手は福岡のエース格の存在になりつつある選手。

昨年はGⅠ2V、グランプリに出場するなど福岡支部の選手のなかで一番の成績を上げました。今年は更なる飛躍が期待されます。

昨年の今大会の優勝者が連覇目指して堂々のレースを披露するでしょう。

 

篠崎 仁志

篠崎 仁志選手はここから再びSG奪取に向けてスタートする選手。

昨年は11優出3Vながら、SG、GⅠでの優勝はなく消化不良の1年でした。スピード溢れるレーススタイルは福岡支部の中でも屈指の実力なのは間違いなく、豪華メンバーが集まる今大会で優勝することで、再び記念レースで活躍するためのステップにしたいところです。

 

その他

昨年の記念レースでは苦戦を強いられた篠崎 元志選手、西山 貴浩選手が地元勢の代表として優勝を目指します。

遠征勢も今大会は強力。池田 浩二選手、深谷 知博選手、石野 貴之選手、桐生 順平選手、井口 佳典選手、茅原 悠紀選手、菊地 孝平選手、丸野 一樹選手、松井 繁選手、辻 栄蔵選手、吉川 元浩選手など周年記念とは思えないくらいの好メンバーがフルスロットルで全日本覇者決定戦を盛り上がます。

 

全ての選手はこちら

 

無料予想 的中速報

ファンタジスタ

 

日時 2023年 02月02日
レース数 宮島8R(4-1-2)
倍率 25.9倍(1,000円分)

 

 

本日の無料情報をチェック

 

 

G1 読売新聞社杯全日本覇者決定戦 あれこれ

SGより豪華なドリーム戦

2023年最初の記念レースには豪華メンバーが終結したがやはり注目はA1へ復帰した峰 竜太の存在だろう。

昨年2月末の4ヶ月出場停止などもありG1への出走は昨年の九州地区選手権以来となる。この一年あまり記念クラスの選手とのレースは行っていないだけにその部分の実戦の勘があるようなら早速の優勝も視野に入ってくることは間違いない。

峰以外にも山口 剛、丸野 一樹のSG出場停止期間の選手の参戦が予定されておりドリーム戦に限ればSGよりもメンバーが強力なのでは?と思わせる。

達也と共に!西山勝負の2023年

昨年の秋に同じ福岡支部内の中でも特に可愛がっていた後輩の中田 達也さんがレース中の事故でこの世を去った。

西山はそれ以降、様々なインタビューにて「達也と共に走っている」という強いメッセージを口癖のように発言している。

事故の直後には2日間に渡り涙が出なくなるまで泣き続け中田さんの師匠だった塩田 北斗とこの思いを常に持とうという誓いを立てたと同時に「ボートレーサーは自分には最高の職業だけど、死ぬこともあるんだと改めて思い知らされる出来事でした」と事故のことを振り返っている。

2年ぶりのG1優勝を愛してやまないこの若松の地で飾ることが出来るでしょうか。

 

G1 読売新聞社杯全日本覇者決定戦 注目モーター

(使用期間 2022年 11/14~ 2023年 01/11)

グランプリ 注目機トップ5

40号機 2連対率61.1% 勝率6.72
7号機 2連対率52.5% 勝率6.68
12号機 2連対率51.8% 勝率6.67
26号機 2連対率48.6% 勝率6.05
19号機 2連対率48.2% 勝率6.48

注目機解説

2か月使って2連対率が1番高いのは40号機で、特に出足が目立つ印象です。

他の足も好内容で、このまま好結果が続いていけばエースモーターに成長していくことも可能でしょう。

また12号機も目立つ足色で、すべての足が合格点。乗り手次第でさらに大化けする可能性を秘めているモーターです。

 

使用モーター

 

G1 読売新聞社杯全日本覇者決定戦 予想ポイント

ボートレース若松の水質は海水で、流れや水位の変化がある水面です。

チルト角度は-0.5度から+1.5度まで調整ができます。満潮時はインが有利、干潮に向かていく時間帯はまくりが決まりやすくなるのが特徴。また、冬の季節は追い風が吹きやすく差しにも要注意です。

特に開催期間中は真冬の気象状況になる可能性が高く、風も強めに吹いた場合は荒れ水面の得手不得手も見極めなければいけないでしょう。

 

ナイターで信頼できる予想サイト

1位プロ競艇RISE
的中率:★★★★★

安全面:★★★★★

回収率:★★★★★

推奨度:★★★★★

検証結果

無料登録

2位アドバンス
的中率:★★★★★

安全面:★★★★★

回収率:★★★★

推奨度:★★★★★

検証結果

無料登録

3位競艇ロックオン
的中率:★★★★

安全面:★★★★★

回収率:★★★★★

推奨度:★★★★★

検証結果

無料登録

 

G1 読売新聞社杯全日本覇者決定戦 まとめ

さぁ、ボートレースファン注目のGⅠ全日本覇者決定戦、どの選手が今年の覇者になるのか要注目ですね。

 

全国の記念レースを制する!おすすめ競艇予想サイト

「簡単そうで当たらない」

「紐抜けをして大物を取り逃がしてしまった」

「インが逃げれそうな番組なのに負けてハズれてしまった」

誰もが経験したことある苦い経験。

それだけボートレースとは奥が深く難しいものとされています。

しかしそんなボートレースを攻略することで稼いで暮らしを豊かにしている人、成功している人があなたが知らないだけで実はたくさんいるのをご存知でしょうか?

大金を手に入れるには、実績のある予想を手に入れるのが一番です。

そこでオススメしたいのが、信頼できる実績のある競艇予想サイト。

競艇予想サイトとは、その言葉の通り競艇(ボートレース)の予想と買い目を無料、有料で公開するサイトのことを言います

その最大のメリットは通常のルートでは手に入れる事が出来ない情報を基にした買い目で多くの儲けを生み出す事が出来ます。

これまでおこなってきた数々の競艇予想サイトの検証から、現時点で超優良と認定できる競艇予想サイトを項目別にランキングを紹介

是非、皆様の舟券のお役に立てれば幸いな限りです。

競艇予想サイトおすすめランキング

 

概要欄

ボートレーサーSNS 一覧

 

管理人からのお願い

LINE登録


おススメ情報を配信

 

ブログランキング

ブログランキング参加中

 

平均評価: 0