2022年 G1 第11回 クイーンズクライマックス 

2022年 G1 第11回 クイーンズクライマックス 展望

2022年の最後のボートレースを盛り上げるのは女子レーサー。

11月26日(月)よりボートレース鳴門で「G1 第11回 クイーンズクライマックス」が実施されます。

今年は遠藤 エミのSG優勝に始まり例年以上に女子選手の強さが光る1年でもありました。

その総決算となるクイーンズクライマックスの舞台となるのはグランプリの聖地としてもお馴染みのボートレース住之江。

今年1年を盛り上げた全12人による年末ラストバトルがいよいよ開幕。

 

ファンタジスタ

 

日時 2023年 02月02日
レース数 宮島8R(4-1-2)
倍率 25.9倍(1,000円分)

 

 

本日の無料情報をチェック

 

 

G1 第11回 クイーンズクライマックス

日程: 12/26(月)~12/31(土)

グレード: G1

会場: ボートレース住之江(住之江競艇場)

補足

・賞金ランキング13位以下の選手たちにより12月26日よりG3クイーンズクライマックスシリーズが同時開催となりクイーンズクライマックスは3日目より開幕。

・クイーンズクライマックスに出場する12選手は開催会場の2連対上位12機にてモーター抽選を行う。

・初日は獲得賞金でトライアルの枠番が与えられ、4日目以降のレースは前日のレース結果が反映されるA組 11R 1・3・5着、12R 2・4・6着 B組 11R 2・4・6着 12R 1・3・5着

・トライアル期間中の枠番については12R終了後に選手が抽選機を回して決定となり3日間の得点率上位6人が優勝戦へ進出

 

G1 第11回 クイーンズクライマックス 選出選手

競艇賞金ランキング総合上位12名 2022年11月27日段階

 

順位 選手名 支部 獲得賞金
1 遠 藤 エ ミ 滋賀 75,637,200円
2 平 高 奈 菜 香川 45,042,000円
3 守 屋 美 穂 岡山 42,541,000円
4 田 口 節 子 岡山 37,631,266円
5 平 山 智 加 香川 35,397,533円
6 香 川 素 子 滋賀 34,796,000円
7 中 村 桃 佳 香川 34,150,838円
8 高 田 ひかる 三重 33,874,500円
9 寺 田 千 恵 岡山 32,674,000円
10 細 川 裕 子 愛知 32,044,000円
11 長 嶋 万 記 静岡 31,604,333円
12 堀之内 紀代子 岡山 27,151,500円

 

G1 第11回 クイーンズクライマックス 注目選手

年末最後のビックレースを盛り上げる注目選手をまずは紹介。

遠藤 エミ


2年連続の賞金ランキング1位での選出となった遠藤 エミ

今年を振り返る上でまず欠かせないのがSGボートレースクラシックでの女性レーサー初のSG制覇でしょう。

これまでクイーンズクライマックスを始めレディースチャンピオンやレディースチャレンジカップなど女子選手を対象としたタイトルレースでの勝負強さが光る選手だったとはいえ未だに誰も成し遂げる事が出来なかった女性レーサーによるSG制覇には以前より応援をしていた私も非常に嬉しい出来事だった。

このSG優勝により一時は総合賞金ランキング1位に女子選手の名前がランクインし、3月の終わりにして早々にクイーンズクライマックスのトップ通過と女子選手の年間賞金女王をほぼを決定させるといった最高の滑り出しを決めた。

ただ今年と昨年を比較すると今年のほうが年間を通じたリズムとしては悪いように見える。これまでと異なり女子戦開催中に記念レースへ呼ばれ時にはドリーム戦の1号艇を任される立場の変更、SGレースへの斡旋の増加、レディースチャンピオン直前にフライングを切ってしまい欠場したといった理由があった一方でその1つ1つの経験は遠藤 エミを更に強くするきっかけにもなる1年でもあった

これまでであれば「いつもの相手達」だったものが「いつもの相手に比べれば」と相手関係への見方も変わる今節。

2022年最初のSGを優勝した最強女子レーサーが年末の最後をしっかりと締めて1年をいい形で終わらせる。

堀之内 紀代子


女子ボートレース界を下半期一番盛り上げ賞金ランキング12位で滑り込みの出場を決定した堀之内 紀代子

チルトを最大限に跳ね上げ時には絶好枠を捨てて大外へ持ち出し全捲りで勝利を奪うような新しいレーススタイルで一気の賞金アップを果たし守屋 美穂、田口 節子、寺田 千恵と共に12人の出場枠を岡山勢4人で占めて「チーム岡山」で年末の水面へ参戦を決めた。

直前のG2レディースチャレンジカップでは低調機の調整に苦労し節間後半はチルト3.0度での一発勝負も不発に終わる厳しい6日間でしたが、モーターが優遇されるクイーンズクライマックスであればその威力を引き出すレースには期待が出来る。

まだまだ進化を続ける堀之内 紀代子の年末ラストの戦いに注目。

守屋 美穂


勝てそうで勝てない

クイーンズクライマックスと守屋 美穂の因縁はファンはもちろんのこと本人が一番感じているだろう。

これまで何度も出場、優勝戦に乗りながらあと一歩が届かずに1年の最後が終わるということを繰り返してきている。

しかし2022年はG2レディースオールスター優勝、G2レディースチャレンジカップの準優勝準優勝と本来であれば賞金ランキングに堂々の1位でランクインしてもおかしくないほどの活躍を続けてきました(この上にランクインしているのがSG優勝レーサー、SG優出レーサーなのだから不遇にも程がある)

多くのファンから期待される守屋が今年こそ12月31日にティアラを輝かせる。

中村 桃佳


守るべきものが出来た今は新しい自分でいきたい

G2レディースチャレンジカップを5コースから得意の捲り差しで優勝しこの舞台への出場権利を得た中村 桃佳

女子大国の香川支部の中でも将来を担う存在として注目されたが産休、長期の休養後はG2レディースオールスターの優勝もありながら本人としては「大きい舞台で全然活躍ができてなかったので、すごいモヤモヤした気持ちだった」と語る日々が続いた。

結婚、出産、そして年が明けた2023年2月には30歳を迎える中村。師匠である平山 智加や平高 奈菜に代わり香川支部を担う立場への襲名には今節の優勝は必須!

 

G1 第11回 クイーンズクライマックス 初日トライアル

クイーンズクライマックスは賞金13位~からの選手が出場するG3クイーンズクライマックスシリーズから2日遅れた3日目(12月28日)スタートとする。

 

 

初日は11Rと12Rに出場権利が獲得した段階での賞金ランキング順に選手が配置された上でのレースが行われる。

初日 11R トライアルA 出場選手

① 平高 奈菜(香川)
② 守屋 美穂(岡山)
③ 香川 素子(滋賀)
④ 中村 桃佳(香川)
⑤ 細川 裕子(愛知)
⑥ 長嶋 万記(静岡)

初日 12R トライアルB 出場選手

① 遠藤 エミ(滋賀)
② 田口 節子(岡山)
③ 平山 智加(香川)
④ 高田 ひかる(三重)
⑤ 寺田 千恵(岡山)
⑥ 堀之内 紀代子(岡山)

 

無料予想 的中速報

ファンタジスタ

 

日時 2023年 02月02日
レース数 宮島8R(4-1-2)
倍率 25.9倍(1,000円分)

 

 

本日の無料情報をチェック

 

 

昨年の振り返り

昨年のクイーンズクライマックスを動画と共に振り返ります。

運命の枠番抽選

 

クイーンズクライマックスは賞金ごとに枠番が決まる初日を除くと残りは全てレース後の抽選で枠番が決まり3日間の得点率上位6人が優勝戦へと出場する。

2021年はダッシュ戦が超不利とされるボートレース福岡の開催ということで何としても選手は良い枠が欲しい中で遠藤 エミが何と3日連続で1枠を獲得する豪運を見せた(なお3日連続でイン戦で負ける)

ただそんな豪運と対照的に抽選会場で頭を抱えたのが平高 奈菜だった。

初日のイン逃げで好スタートを切るも2日目に大外枠を引いてしまい絶体絶命の中の状況も隣の西村 美智子がフライングの影響で作られた展開を味方に恵まれで連勝の大波乱を起こした。

さあこの勢いで!と行われたレース後の抽選会でまたも緑色の球が出てきた平高は呆然とした表情で抽選会場を後にしたシーンは選手にとって枠番の良し悪しを大きく左右するのを象徴するシーンでもあった。

なおその3日目のレースでは4着に終わるも無事に予選トップでの通過を果たすこととなる。

 

因縁の水面から相性の良い水面へ

 

昨年の覇者である田口 節子は節イチクラスの伸びを武器に2コースから平高 奈菜をじか捲りで下しての勝利だった。

その田口と福岡の因縁は強く2022年9月に女子レーサーとして史上初めて24場制覇を達成するまでリーチをかけながら実に7年半に渡り足踏みを続けた水面でもあった。

その優勝後にはホッとした気持ちから涙をするシーンが象徴的だったのだが、その3ヵ月後にあっさりとその因縁の水面でG1優勝を果たしたのだから驚くばかりである。

この年の春ごろにはなかなか優勝できないもどかしい姿に対し自身の娘から「ママはもっと強いんだよ」と号泣されてしまったことに奮起し走り続け娘の期待に応えるレースを見せた優勝劇となった

 

G1 第11回 クイーンズクライマックス あれこれ

地元選手不在

 

今年の舞台となるボートレース住之江はグランプリの聖地としてお馴染みで大阪支部のホームプールとなっている。

当然だが住之江は地元選手が圧倒的に有利な水面。野中 和夫、松井 繁、田中 信一郎、太田 和美など住之江で開催されたSGグランプリ(賞金王)の王者にはズラリと大阪支部の選手が並ぶ。

幸い出場が予定されている賞金上位12人は大阪支部の選手が不在ということで地元のアドバンテージがないフラットな予想をする事が出来る節間となりそうだ。

11回連続出場 寺田 千恵

第1回大会から唯一の全レースに出場を続けている寺田 千恵

昨年のとあるインタビューにて「私はまだ、ティアラ(クイーンズクライマックスの優勝)を獲っていないので、それが大きな目標ですね。一歩一歩進んで行きたいと思います」というコメントをしているとおりまだ栄光のタイトルの獲得には至っていない。

2年前の9回大会の直前には出場のためにしのぎを削るような戦いが一年間に渡り続くことへの精神的な負担への苦悩を明かしたが、今年はG2を2度優勝した守屋 美穂を筆頭に連覇を狙う田口 節子、そしてチルトを跳ね上げた破壊力のあるレースで一気の賞金アップで出場権利を得た堀之内 紀代子との岡山勢4人での出場を楽しみにしていると11月中旬のインタビューで語るほど気合いは十分。

あとは熟練されたテクニックを武器に初の栄冠へ向けて走るのみとなりそう。

クイクラ好相性 遠藤 エミ

クイーンズクライマックスに無類の強さを誇る遠藤 エミ

2017年に優勝を含み6度の優出。準優勝3回、3着1回と優勝戦での舟券に絡むシーンもとにかく多いことでも有名。

昨年は予選3日間全てで1枠をゲットしながら全て負けてるのに予選4位で優勝戦に進出して2着を奪う活躍と舟券購入者を困惑させるシーンが色々な意味で多かったが、それから1年が過ぎ今度はSG王者としてこの舞台に登場。

女子選手屈指の勝負強さを武器に12月31日に2つ目のティアラ獲得を狙う。

 

G1 第11回 クイーンズクライマックス 注目モーター

(使用期間 2022年 03/22~ 2022年 12/12)

注目機トップ3

68号機 2連対率50.31% 勝率6.41

32号機 2連対率44.52% 勝率5.99

30号機 2連対率43.48% 勝率6.06

注目機解説

ボートレース住之江のモーターは3月から使われていて概ねモーター相場が出ているので、ここではクイーンズクライマックスで注目される3基について紹介します。

住之江のエースモーター68号機は初おろしの3月から常に安定したパワーを存分に発揮しています。

今年のモーター最多の7回の優出が物語るように、乗り手問わずまくりや差しを決めることが出来るのが最大の武器。

もちろん68号機に乗ることが優勝に一番近くなるのは言うまでもありません。

近走絶好の動きを見せているのが32号機になります。直近5節で3回の優出とパワー溢れるレースが持ち味です。

3コースから舟券に絡むことが多いのが特徴で、センターから自在のレースができる選手が乗ったら面白い存在になるでしょう。

30号機はデータを見ていて驚いたのが1分46秒7というレースタイム。この数字は今年の住之江のモーターのなかでは抜けて早いタイムです。

そのスピードを全面に押し出して戦うレースができる選手が乗ればとても怖い存在になります。

 

選手使用モーター 一覧

 

G1 第11回 クイーンズクライマックス 予想ポイント

ボートレース住之江は淡水で潮の流れや潮位の変化はありません。

チルトは-0.5から+1.5まで調整可能です。コンクリート護岸に囲まれた水面で工業用水を使っていて水が硬いのが特徴になります。

1コースの1着率は全国平均よりも高い上に温水パイプの導入、昼間の開催でスタートも通常時より見やすくなることはそれに拍車をかけることになりそう。

ただし住之江はターンマークごとに引い波が残り男子選手でもボートが飛ばされやすく気合いがいつも以上に入る女子のG1であればその率は高まる恐れも

 

ボートレース住之江に強い予想サイト!

8点の買い目であなたの競艇予想を覆す!トリプルクラウン

この画面からの無料登録で2万5千円分のポイントをプレゼント

この機会にぜひ無料登録をしてみましょう。

 

G1 第11回 クイーンズクライマックスシリーズ 注目選手

同時開催となるクイーンズクライマックスシリーズ。

シリーズ戦だからとは言わせない。史上最強メンバーがこちらにも集結。

落合 直子

初日のドリーム戦1号艇に乗るのは落合 直子選手です。

1年間地元住之江で開催のクイーンズクライマックス出場に向けて頑張ってきましたが、獲得賞金ランキング13位で惜しくも本戦に出場できませんでした。その無念を晴らすべく気合いの登場になります。

イン戦での強さは絶大で、さらに乗り慣れた住之江水面なら強さはさらに発揮されること間違いなし。優勝候補の筆頭です。

渡邉 優美

ドリーム戦2号艇からスタートの渡邉 優美選手も有力候補のひとり。

今年は11優出V3と特に上半期に良績が集中。しかし、2本のフライングから厳しい戦いを余儀なくされました。フライング休み後は優出するが勝ちきれないスッキリしないレースが続きましたが、直近の芦屋のオールレディースで見事優勝、調子は上げ基調です。

シリーズ戦なら格上的存在の渡邉選手に期待が高まります

日高 逸子

ドリーム戦3号艇で出場するのはグレートマザーこと日高 逸子選手です。現役女子レーサーのなかでは最年長の日高選手がここに出場すること自体が尋常ではありません。

賞金ランキング15位という堂々の成績で出場します。3月には優勝するなど衰えを感じさせない鋭いレースでファンを魅了。2014年のクイーンズクライマックスで優勝しているのも心強い。

今年はシリーズ戦で優勝を目指します。

海野 ゆかり

ドリーム戦4号艇には一昨年のシリーズ戦優勝者の海野 ゆかり選手が登場。

住之江はとても得意にしている水面で、14優出3Vと実績ではナンバーワンです。

艇界のタカラジェンヌも今年でデビュー30周年を迎えて、さらにテクニックに磨きがかかってきました。爽快なレースに期待です。

その他

その他にも今年3年5か月ぶりに優勝した金田 幸子選手、スタート力は艇界屈指の宇野 弥生選手、テクニックで相手を翻弄する三浦 永理選手、今年の優勝はすべてイン戦以外で優出したら面白い藤原 菜希選手、今年前半不調も後半になって絶好調モードの松本 晶恵選手、7点台の勝率を引き下げて1着量産を狙う倉持 莉々選手、レディースチャンピオンのミスを糧にして更なる飛躍に期待の實森 美祐選手、そして若手有望株として大注目の清水 愛海がデビューからわずか2年にしてこの舞台にエントリーしてきた。

なお優勝候補の一角であった鎌倉 涼がレ12月のレース中に膝の怪我してしまい2年連続での出場断念となった

 

1000万円を争奪せよ!

ファンタジスタ

 

日時 2023年 02月02日
レース数 宮島8R(4-1-2)
倍率 25.9倍(1,000円分)

 

 

本日の無料情報をチェック

 

 

G1 第11回 クイーンズクライマックス まとめ

毎年大晦日に感動のドラマが待っているクイーンズクライマックス。

例年以上に注目を集める女子選手達が今年は一体どのようなドラマを演出してくれるのか?

そして本家のクライマックスにも決して劣らない好メンバーでシリーズ戦も大混戦必至です。

舟券予想も悩んでしまうレースが続出するはずなので、しっかりと予習をして本番を迎えましょうね。

 

難解な女子戦を制する!おすすめ競艇予想サイト

「簡単そうで当たらない」

「紐抜けをして大物を取り逃がしてしまった」

「インが逃げれそうな番組なのに負けてハズれてしまった」

誰もが経験したことある苦い経験。

それだけボートレースとは奥が深く難しいものとされています。

しかしそんなボートレースを攻略することで稼いで暮らしを豊かにしている人、成功している人があなたが知らないだけで実はたくさんいるのをご存知でしょうか?

大金を手に入れるには、実績のある予想を手に入れるのが一番です。

そこでオススメしたいのが、信頼できる実績のある競艇予想サイト。

競艇予想サイトとは、その言葉の通り競艇(ボートレース)の予想と買い目を無料、有料で公開するサイトのことを言います

その最大のメリットは通常のルートでは手に入れる事が出来ない情報を基にした買い目で多くの儲けを生み出す事が出来ます。

これまでおこなってきた数々の競艇予想サイトの検証から、現時点で超優良と認定できる競艇予想サイトを項目別にランキングを紹介

是非、皆様の舟券のお役に立てれば幸いな限りです。

競艇予想サイトおすすめランキング

 

概要欄

ボートレーサーSNS 一覧

 

管理人からのお願い

LINE登録


おススメ情報を配信

 

ブログランキング

ブログランキング参加中

 

平均評価: 0