清水愛海が初の優出 華の127期生が大一番へ挑む

競艇ニュース

127期 養成所チャンピオン 清水愛海が初の優出

9月9日(金)ボートレース江戸川で開催中の「オールレディース 江戸川女王決定戦KIRINCUP」の準優勝戦で2着となった清水 愛海(山口)が4号艇で初の優勝戦進出を果たした。

127期の養成所チャンピオン、養成所初の女子候補生による同期リーグ最高勝率選手とデビュー前から注目された未来の女子エース候補がデビュー1年10ヶ月、初勝利から10ヶ月というスピードで大一番へのチャンスを得た

 

ファンタジスタ

 

日時 2022年 09月30日
レース数 常滑8R(3-1-6)
倍率 68.6倍🎯(1000円分)

本日の無料情報をチェック

 

初のA級も視野

養成所時代から「転覆女王」とも言われるほど失敗を恐れない強気なスタイルを武器とする清水。

2020年11月のデビュー後はフライング、転覆続きで事故点を重ねて前評判とは裏腹に1年後の2021年の11月まで初勝利では同期から遅れてしまった。

しかし、この初勝利で一気に波に乗ると前期は半年間で11勝をマーク。

飛躍が期待された今期は昨日までに前期を超える14勝と更に成績を伸ばし127期一番乗りとなる優勝戦への進出を果たした。

勝率は5点台を越えており、清水が憧れの選手として挙げている大山 千広(福岡)や現在女子ボート界の中心を担う平高 奈菜(香川)、守屋 美穂(岡山)よりも早いデビュー5期目でのA級所属が期待される。

 

PIT

日時 2022年 09月24日
レース数 津10R
倍率 85.4倍🎯(2000円分)

本日の有料情報をチェック

 

タレント揃い127期

ハイレベルと言われる127期。

2020年11月にデビューした29選手の内、現役選手では森田 梨湖(福岡)を除く27選手が既に初勝利をマークしている
※ 小形 綾は引退(4戦0勝)

男女問わず既に勝ち星を量産している選手が多く今後の活躍が楽しみな選手が多い。

川井 萌


養成所時代は清水と女子の2強を築いていた静岡支部の女子レーサー。

2021年の5月に初勝利を挙げており、今年はG2レディースオールスター選出とG2初勝利を達成。今期はここまで17勝と大ブレーク。

勝率は現在4点台後半と長嶋 万記、三浦 永理ら中堅世代が元気な一方で若手の伸び悩みが目立つ静岡支部の女子レーサーの中で一気に出世頭として名乗りを挙げるほどの勢いがある

養成所時代から清水とは親友に近い関係でUJSに行った際に購入したお揃いのネックレスを大事にしている。

谷口 佳蓮


女子大国、香川支部の次世代を盛り上げる候補の1人。

デビュー当初は苦戦していたが2021年9月より銀河系軍団の1人である森高 一真に弟子入りを果たすと一気に覚醒(この1ヶ月前のお盆開催で転覆したときにエンジンの整備を手伝ってもらったことがきっかけ)

現在はまだ勝率3点台中盤に留まっているがデビュー前から実力が抜けていた清水や川井が異常なだけでこちらも成長力という観点で見ると決して劣っていない。

女子ボート界の中心を担う選手が多い香川支部という環境も非常に充実している。

登玉 隼百


2020年11月デビュー後の最初の期間中に初勝利を挙げるなど順調なスタートを切った兵庫支部所属の注目選手。

若手選手がデビュー当初は苦戦しがちなイン戦の勝率が高いため各地の番組マンに用意されたレースで次々に白星を量産している。

関西人らしい明るいキャラクターでインタビューでは他支部の先輩であっても容赦なくイジったり、時に自虐的なネタを用意するなど陸の上でも破天荒な姿は将来の西山 貴浩を予感させる。

今期勝率を4点台に乗せており来期にはA級への昇格に期待したい。

内山 七海


ボートレーサーになるための養成所試験を実に7度受け続け合格した福岡支部の女子レーサー。

その容姿から注目される一方、やはり7度も養成所試験を受けなければいけなかった理由のごとくレースでは大苦戦。

相次ぐ転覆とフライング禍で同期達に遅れを取り続けていたが、支部の先輩である水摩 敦に弟子入りを果たし徐々に変化が起こり始める。

ミスター若松の呼び名で知られる田頭 実の弟子にあたる水摩は伸び型のペラ調整を得意とする選手であり内山もこの部分を吸収することに成功。

まだまだ課題の多い選手ではあるが容姿だけが一人歩きをしていた時期を乗り越えデビューまでの長い道のりが報われる日もそう遠くは無い。

 

まとめ

8月にボートレース福岡で30万舟の大波乱決着が話題となった佐藤 ほのか、若手選手の特訓量が多いことから畑田 汰一を筆頭に次々と若手選手が出てくる埼玉支部の小川 竜太郎、一流レーサー揃いの愛知支部の選手たちに囲まれ先輩レーサー達から可愛がられる存在の立場を築いていることでも話題の仲原 大輔など陸でも水の上でも話題が多い127期生。

果たしてこの中から数年後にボートレース界の中心核を担う存在がどれだけ出てくるのか?

プロデビューからもうすぐ2年。デビュー前より私自身も注目した世代が確実に結果を残し始めておりどこか嬉しい気持ちがあります。

波乱の多いルーキーシリーズは違った発想が必要⇒その答えがここにある

 

これでもう困らない!

【最新版】競艇予想サイトおすすめランキング

詳細は画像をタップ!

 

概要欄

ボートレーサーSNS 一覧

清水愛海 初勝利 転覆女王の養成所チャンプが待望の水神祭

清水愛海 初勝利 転覆女王の養成所チャンプが待望の水神祭

明日のスターを探せ!127期注目レーサー

管理人・Kのコラム 第10回 「明日のスターを探せ!127期注目レーサー紹介」

 

管理人からのお願い

LINE登録


おススメ情報を配信

 

ブログランキング

ブログランキング参加中

 

平均評価: 0