谷口佳蓮(香川支部)<強面な師匠との二人三脚>

谷口佳蓮(香川支部)<強面な師匠との二人三脚>

山川美由紀、平山智加、平高奈菜、中村桃佳などボートレース界きっての女子大国として知られる四国の少数精鋭部隊である香川支部。

その香川支部にて実力、知名度急上昇中の女子レーサーが今回する谷口佳蓮である。

銀河系軍団きっての強面レーサーへの弟子入りの理由や小さき頃に抱いたボートレーサーへの夢など将来の支部の中心を担うであろう彼女のこれまでを振り返っていきます。

谷口佳蓮とは

谷口佳蓮の情報を紹介していきます。

プロフィール

 

名前 支部
谷口佳蓮 香川 127

 

谷口佳蓮(たにぐち かれん)は127期生として2020年11月にボートレース丸亀にてデビュー。

翌年の11月6日にボートレース常滑の混合戦にて初勝利を挙げた。

幼少期からボートレース丸亀にはよく行っていたらしく「ボートレースを観に行く両親に付き合っていた」というよりも「ボートレースを観に行きたい」と両親にお願いをするほどであった。

学生時代には空手、野球、ラグビーなど様々な競技に挑戦をし続け愛媛県立三島高等学校を卒業後に兄である谷口知優(122期)を追う形でボートレーサー養成所へと入寮をしている。

 

127期の主な選手

仲道大輔(5166)

特徴的なパンチパーマやチルト3度の思い切ったレースでファン、選手の双方から愛される将来のスター候補。

チルト3度の女」の愛称でも知られる堀之内紀代子の師匠としても知られ127期のボートレーサーでは最も早くA1級昇格を果たした。

清水愛海(5163)

10年に一度の逸材として養成所No1ルーキーとして華々しいデビューを飾った女子レーサー。

失敗を恐れない豪快な旋回から養成所時代には「転覆女王」という愛称を担当教務員からつけられたこともある。

初出走、G2デビュー、G1デビューの全てのレースで転覆をするなど事故点の多さから出世が遅れているのが現状の問題。

坂本雄紀(5150)

2020年11月のデビューから初勝利には11か月を要したが年々数字を伸ばし続けて2024年4月に初優勝を飾った群馬支部の注目株の1人。

センター枠からの捲り切りを得意としており初優勝を飾った浜名湖ののレースでは5枠での出場ながらその思い切りの良さを警戒した同支部の先輩で4枠の菊池峰晴がコースを自ら譲った(4コースに入った坂本が捲り切って初優勝を飾り展開を味方にした菊池は2着に入った事で群馬支部によるワンツー決着で大会の幕を閉じた

(PR)おススメサイト紹介

無料予想

ギャラクシー

日時 2024年 05月20日
レース数 唐津11R
結果 1-4-2
倍率 43.5倍

 

低額ポイント予想

ギャラクシー

日時 2024年 05月20日
レース数 浜名湖7R
結果 5-3-4
倍率 139.8倍

 

人物相関図

師匠・兄弟子

 

師匠は香川支部所属の銀河系軍団の一員でもある森高一真

口元に生え揃えた髭と強面、気合いを入れる際にはリーゼントで髪型を仕上げてくる平成中期の雰囲気漂うベテラン強面レーサー。

※森高の特徴である口髭は香川支部のレジェンドである安岐真人に少しでも近づきたいという思いから始めた

一匹狼のような雰囲気とは対照的に心温かいエピソードが多い選手でもあり2022年には西山貴浩、大庭元明と行動をしていた最中に人身事故に遭遇をすると救助活動と二次被害防止に貢献。後日3人で若松市より表彰を受けている。

管理人・K管理人・K

レース場に来て応援をしてくれるファンの子供を見つけるとレース後の勝利者インタビューでは「僕(もしくはお嬢さん)のために走った」と答え勝利者に渡される副賞をプレゼントしたり、西山貴浩繋がりで親交のある愛知支部の仲道大輔の祖母の体調が悪いと聞きつけると仲道の自宅までお見舞いに行く漢気な一面も兼ね備える。

そんな森高に谷口は2021年より弟子入りを果たす。その直前のお盆開催にて森高と同じ節間になった際に落水をした谷口のエンジン整備やプロペラのアドバイスを行ったのが森高でありそんな師匠のかっこいい姿に憧れて師弟関係を結ぶことになった。

 

森高は原村拓也、冨田祥と既に2人の弟子を持つが支部内のプロペラグループの垣根を越えて後輩選手たちに指導やアドバイスを送ることでも有名。

熱血かつレーサーとしての在り方を示す闘魂スタイルが代名詞らしいが、谷口は師匠について「怖いですか?」と聞かれると「優しいです。常に気持ちを強く持て!」と言われていますと回答をしておりレース場では森高の顔がデザインされたマスクやTシャツ、そして森高の趣味である競輪のユニフォームをプレゼントされ着用をしたりと良好な関係を保っている。

管理人・K管理人・K

原村は4期通算で引退危機を受け森高自らが指導をした縁、冨田は父親が森高と高校時代の同級生という縁からそれぞれ弟子入りを採用したのに対して谷口については「どうしても強くなりたい」という熱い思いを受け承諾した弟子側からのアプローチが強い師弟関係となっている。

122期生の谷口知優は実の兄であり共にレース場に通っていた。

兄妹ともに仲が良いが昔から行きつけの焼き肉屋に共に行った際に会計が妹の奢りになることが多くなってきたことを自虐的に明かしている。

 

エピソード

好きな食べ物

オムライス、お寿司、グラタン

阪神ファン

学生時代は野球部に選手として所属をした経験やボートレーサーとして報酬を得ると同時に全国各地を飛び回る職業ゆえプロ野球観戦に通うようになった。

父親が関西出身であることから阪神タイガースのファンで岡山支部所属で同期の小林愛実とは野球観戦仲間。

SNS

Instagramを開設しており定期的に更新をしている。

↓アカウントはこちら↓

 

 

(PR)無料予想おススメサイト紹介

  • 当サイトが厳選した10サイトを紹介。
  • このサイトからの登録での特典あり。
  • 高配当を簡単に当てたい人必見!

 

まとめ

管理人・K管理人・K

がむしゃらかつ純粋に強くなりたい、上手くなりたいという気持ちで日々鍛錬を続ける谷口。

まだまだ課題が多い選手ではあるがその1つ1つの課題を克服して将来は女子大国の中心を担うスーパーレーサーとして活躍する姿を期待したい。

 

管理人からのお願い

LINE登録


おススメ情報を配信

 

ブログランキング

ブログランキング参加中

 

平均評価: 0