未来のボートレース界を担う5000番台レーサー特集

未来のボートレース界を担う5000番台レーサー特集

 

ああ

無料予想的中速報

GALAXY

 

日時 2024年 02月23日
レース数 宮島11R
結果 1-2-6
倍率 28.2倍

 

索引

関東地区

東海地区

近畿地区

中国地区

四国地区

九州地区

 

関東地区

大澤風葵(5065)

名前 支部
大澤 風葵 群馬 126

大澤 普司の息子であり既にA級昇格も果たすなど群馬支部若手No1の実力を誇る大澤 風葵。

2020年5月にプロデビューを果たすと3か月後の8月に初勝利、それからわずか2か月後に初優出ととんとん拍子に出世をしていくと2022年4月に追加斡旋という形ではあるが補充選手としてG1デビュー、そして6月にボートレース浜名湖にて待望の初優勝を飾った。

A1級レーサーとなるのも時間の問題と言われており今後群馬支部の記念戦線を引っ張っていく期待充分。

畑田汰一(5042)

名前 支部
畑田 汰一 埼玉 122

5000番台のボートレーサーが注目されるきっかけになったのが2020年5月の畑田 汰一の初優勝だった。

デビューからわずか2年、しかも難水面と言われるボートレース江戸川での2コースからの強烈なじか捲りによる優勝は登録番号5000番台の選手としては初の優勝であった。

長身を生かした旋回技術、本人自身も「魅せるレースをしたい」というその戦い方は「将来の峰 竜太」、「次の関東のエース」とファンや先輩選手たちからも高い評価を受けている。

初優勝から1年後にA1級に昇格すると全国の記念レースへ若手選手としては異例の転戦を繰り返し技量を磨き続け同年新人王を獲得。

2022年には桐生 順平、佐藤 翼らが参戦した埼玉支部の選手による地元開催「埼玉選手権」で優勝を飾った。

畑田の活躍が支部の活性化にも繋がっておりこれ以降多くの後輩レーサー達が成長を果たすことになる。

佐藤航(5087)

名前 支部
佐藤 航 埼玉 124

畑田から1年遅れでデビューを果たし埼玉の若手A級レーサーとして活躍を続けている佐藤 航。

2019年5月デビュー戦でいきなり3着と好走し舟券絡みの走りを見せると2か月後の7月にはデビュー3節目にして初勝利を記録。

パチンコが大の趣味で勝利者インタビューの際にファンへの一言を最後にお願いされ「機動戦士ガンダムユニコーン」のリーチ演出を行うとSNSや動画サイトなどを中心に話題となった。

埼玉大蒜卍會(さいたま にんにくまんじかい)と呼ばれる埼玉支部内の次郎系ラーメングループの初代総長として練習後には後輩選手たちとラーメンを食べに出かけるなど実力もさることながらその個性の強さも注目される。

飛田江己(5191)

名前 支部
飛田 江己 埼玉 128

128期の養成所チャンピオンに輝き埼玉支部よりデビューを果たした飛田 江己。

2021年5月から約1年半後の2022年12月に畑田と同じくボートレース江戸川にて初優勝(同時に初優出)を飾り素質の高さを証明(デビューから2年での優勝を飾った畑田よりも半年早い初優勝だった)

これが128期としても初の快挙でありタレント揃いの127期と比較され「物足りない選手が多い」という養成所の担当者からも酷評された谷間の世代からまずは大きな一番星を記録した。

無料予想がアツイ予想サイト!

【1位】競艇ハッスル
的中率:★★★★★

安全面:★★★★★

回収率:★★★★★

推奨度:★★★★★

検証結果

無料登録

【2位】ストロング
的中率:★★★★★

安全面:★★★★★

回収率:★★★★★

推奨度:★★★★★

検証結果

無料登録

【3位】競艇バブル
的中率:★★★★

安全面:★★★★★

回収率:★★★★★

推奨度:★★★★★

検証結果

無料登録

東海地区

川井萌(5174)

名前 支部
川井 萌 静岡 127

後に紹介することになる清水 愛海を輩出し多くのボートレースファンから注目を集める127期生で養成所時代から飛びぬけていた清水に唯一対抗出来ていた女子レーサーこそ川井 萌。

その素質はやはり本物だったのか2020年11月のデビューから半年後の5月に初勝利を記録し着実にその成績を伸ばし始めている。

2022年2月にはG2レディースオールスターに選出されG2初勝利と水神祭を達成。ルックスや注目度が選出に左右されやすいG2ということで実力を軽視する人たちに対して実力の片鱗を見せつける活躍を見せると翌年も勝利を記録とさらに強くなった姿で活躍。

清水とは養成所時代から同期でありライバルでありそして一人の友人という立場でお揃いのネックレスをつけている。

前田滉(5089)

名前 支部
前田 滉 愛知 124

兄は2020年の新人王に輝いている前田 篤哉。双子の兄は同じ124期で既にA級にも昇格している前田 翔という愛知支部が誇る前田3兄弟の1人である前田 滉。

思い切りの良いレースをする選手で2022年9月にボートレース浜名湖で開催された「B級ボートレースメモリアル」では当時不祥事による出場停止絡みでB級降格もあり同レースに参戦していた峰 竜太を優勝戦で捲り切り6号艇から優勝を飾ったことは大きな話題を呼んだ。

2023年にA1へ初昇格を果たしておりベテランから中堅、若手まで多くのA1レーサーが存在する愛知支部の中でも楽しみな1人となっている。

仲道大輔(5166)

名前 支部
仲道 大輔 愛知 127

まだ大きな実績こそ挙げていないが、池田 浩二、磯部 誠ら愛知の先輩レーサー達から「N道」の愛称で可愛がられている仲道 大輔。

清水 愛海、川井 萌らと同じ127期の一員で養成所時代にも成績上位者による優勝戦にて3カドを狙うなど思い切りのあるレースを武器としており2022年9月のボートレース蒲郡の一般戦ではチルトを3.0度まで跳ね上げた超伸び型の調整で波乱を連発。

このチルト3.0度のモーターとペラを次節で引き継いだのが堀之内 紀代子でこの節間を期にレーススタイルを転向し大ブレイクを果たすと仲道の同期を通じてお礼の連絡と同じ節間ではペラの情報交換を行うことをお願いされたことを明かしている(「チルト3 堀之内」と書かれたプレートを掲げ仲道君のおかげで憧れの舞台に立つことができましたとレディースオールスターの開会式にて堀之内は壇上でお礼をしたのだがそのプレートは仲道が製作している)

令和の時代には似合わないパンチパーマに強面で池田浩二からも「昭和好き」と称される個性派で今後レースはもちろん、陸の上でのパフォーマンスも注目されること間違いなしの1人。

近畿地区

澤田尚也(5017)

名前 支部
澤田 尚也 滋賀 121

現在艇界を牽引する馬場 貴也を師匠に持ちその高い実力が評価されている澤田 尚也。

2017年11月にデビューを飾ると翌月にはいきなりの初勝利を記録。2021年4月には初勝利を達成を達成し2022年からはA1級レーサーとして滋賀支部はもちろんのこと世代を代表する選手に成長。

師匠の馬場はもちろん丸野 一樹からも「馬場さんそっくりのレースとターンをする」と峰 竜太に注目の選手として推薦をするほどの逸材でいずれは記念制覇も夢ではない選手。

中国地区

藤原碧生(5217)

名前 支部
藤原 碧生 岡山 129

天才肌のような一面を持ち驚異的なスピードで成長を続ける藤原 碧生。

高校時代は岡山県の名門である関西高校野球部に所属も大学の途中で野球を辞めると「野球を辞めて遊ぶのも飽きてきたし休みも取れてお金を稼げるボートレーサーは楽しそうだな」という理由で養成所試験を受けレーサーへの道を歩み始めると養成所の卒業レースでは準優勝に輝いた。

その才能は計り知れないものがあり2021年11月にデビューを果たすと翌月には早速初勝利、翌年の7月には優勝戦にも進出しており中国支部の将来性No1選手となっている。
瞬時の判断能力とターンの技量に定評がありいずれは同じようなレーススタイルを武器とする地元の大エースである茅原 悠紀のような活躍も夢ではない。

清水愛海(5163)

名前 支部
清水 愛海 山口 127

100年に1度の逸材」、「将来の女子ボートレース界のエース」としてファンはもちろん、選手、関係者から高い評価を受けている清水 愛海。

養成所時代には圧倒的成績を記録し史上6人目の女子レーサーによる養成所チャンプ、史上初の女子候補生による最高勝率を記録。

デビュー前から大きな注目を集めた一方で「転覆女王」とも呼ばれた養成所時代の課題に直面しデビュー戦をいきなりの転覆に始まるなど初勝利には1年を要した。

しかしそこからの飛躍は凄まじくハイレベルな旋回力を武器に白星を量産していき2022年のG3クイーンズクライマックスシリーズでは最も若い番号での出場ながら予選3位通過で準優勝戦にも出場。

2023年にA級へ昇格。同期の川井 萌と共に今後の女子ボートレース界を牽引していくこと間違いなしの逸材。

ナイターで信頼できる予想サイト

【1位】ストロング
的中率:★★★★★

安全面:★★★★★

回収率:★★★★★

推奨度:★★★★★

検証結果

無料登録

2位ZONE
的中率:★★★★★

安全面:★★★★★

回収率:★★★★★

推奨度:★★★★★

検証結果

無料登録

3位競艇ハッスル
的中率:★★★★★

安全面:★★★★★

回収率:★★★★★

推奨度:★★★★★

検証結果

無料登録

四国地区

中村日向(5043)

名前 支部
中村 日向 香川 122

登録番号5000番台の選手として最初のSGデビューが決定した中村 日向。

しかしそのデビュー当初から注目された選手というわけではなく2018年5月のデビューも初勝利を挙げたのは翌2019年12月と遅かった。この節間で初勝利を挙げたばかりの中村は優勝戦にも進出を果たすと徐々に成績を伸ばしていきA級昇格を果たすと2022年には四国地区選手権、ヤングダービーの2つのG1で優勝戦に進出。

そして2023年1月にボートレース児島で待望の初優勝を飾るとそのわずか9日後にG1四国地区選手権で登録番号5000番台の選手としては初のG1優勝という偉業を成し遂げた。

以前は女子大国というイメージが強かった香川支部だったが片岡 雅裕、近江 翔吾など男子レーサーが近年は台頭しており中村も今後は全国各地の記念戦線で更なる活躍が期待される。

西岡 成美(5056)

名前 支部
西岡 成美 徳島 123

徳島支部の伸び型レーサー菅 章哉を師匠に持ち姉の西岡 育末との姉妹レーサーとしても注目を集める西岡 成美。

他業界へのゲスト出演も多い姉の育末には知名度では劣るが本業において実力が年々上昇しているのは妹の成美の方であり2022年末にはG3クイーンズクライマックスシリーズでも優勝戦に進出。

師匠の菅同様に強烈な捲りを得意としておりその一撃は強力。

少数精鋭の徳島支部では女子選手も少ないため女子エースになる日も近い。

九州地区

中亮太(5029)

名前 支部
中 亮太 福岡 122

5000番台の若手に注目選手が勢ぞろいの九州地区。まず強豪の福岡支部から2人の選手を紹介。

中 亮太はスタートが速く思い切りのあるレースを得意としており2022年に待望の初優勝を達成。

実力もさることながら陸の上でもファンや選手を魅了する選手で「目標は西山 貴浩さん」と各所で語っている。

その西山も「中は一気にSGまで行って皆が見てる中でボケ倒してほしい」とその才能を色々と意味で高く評価している。

藤森陸斗(5160)

名前 支部
藤森 陸斗 福岡 127

全国各地で大活躍中の127期生の一員でもある藤森 陸斗。

2020年11月にデビューも初勝利は少し遅れた2022年1月に達成。

しかしハイレベルな選手が多い福岡支部の環境にも恵まれその後は一気に成長を見せ続け同年11月に初優出で準優勝を飾った。

大山 千広は養成所時代から藤森を高く評価しており新人訓練の時に一緒にレースをしても負けてしまったことに衝撃を受けたことをインタビューにて明かしている。

末永和也(5084)

名前 支部
末永 和也 佐賀 124

2022年の新人王にも輝き未来のボートレース界のエース有力候補の一人でもある末永 和也。

師匠は記念戦線を全国で戦い続ける上野 真之介で170cmというボートレーサーとしては長身を生かしたファンの度肝を抜くようなターンを得意としている峰 竜太軍団の1人。

124期の養成所チャンプにも輝いている通りデビュー前から評価が高い選手で2019年5月1日にデビューを果たすとわずか4日後に初勝利をマーク。

2022年9月のG1ヤングダービーでG1初出走にて初勝利を記録し同節に優勝戦に進出。しかしその優勝戦では自らのハンドルミスで2着争いから最下位に転落、更に他の選手に大きな不利を与えてしまったことで非難の的となってしまった。本人もレース後にはその悔しさから号泣してしまい辛い経験となったがその悔しさをバネに翌月にボートレース若松にて行われた「ファン感謝 3Days ボートレースバトルトーナメント」にて待望の初優勝を飾った。

2023年のSGボートレースオールスターの中間投票にも選出圏内にてランクインを果たしておりSG初出場も間近と言われていたが、2023年2月のG1九州地区選手権にてG1初優勝、SGボートレースクラシックとファンからの投票ではなく自らの力でその直前のSGの権利を勝ち取る。

中村 日向に続く5000番台(しかも中村よりも登録番号が若い)レーサーが2023年にクラシックから誕生することとなった。

定松 勇樹(5121)

名前 支部
定松 勇樹 佐賀 125

末永の一期後輩にあたり将来的には支部を牽引することになると思われるのが定松 勇樹。

峰 竜太直属の弟子であり末永同様にハイレベルな旋回力と思い切りのあるスタートを武器とする。

その師匠である峰竜太も「期待しかないウチのスーパールーキー 期待してるだけに鬼厳しく育てます。 こいつの活躍が俺の財産」というほどで久しぶりに採用した歳の離れた弟子の将来性を高く評価している。

本来であればもっと早く活躍してもおかしくない存在であったがその勢いがあり過ぎるゆえのスタートが理由でフライングの多さには現在も悩まされており出世が遅れるも2023年より待望の初A1昇格。

末永と同様に2023年のSGボートレースオールスターの出場圏内にもランクインをしており順調にいけばSG初出場が濃厚となっている。

常住蓮(5142)

名前 支部
常住 蓮 佐賀 126

末永、定松の次にA1級への昇格が期待される佐賀支部の注目株の常住 蓮。

126期の養成所チャンピオンとして山田 康二に弟子入りをしており末永同様に峰軍団の1人で山田は常住に対して「何も心配をしていない」とその素質の高さを評価している。

124期の養成所チャンピオンが末永、125期の養成所チャンピオンが定松、126期の養成所チャンピオンが常住でありいずれも峰 竜太やその弟弟子に弟子入りを果たしているためか比べられることも多くそれはかつて峰 竜太の弟子入りを果たしたばかりの山田 康二、上野 真之介、高田 明の関係性を彷彿とさせる

 

悪質サイトにもうだまされない!おすすめ競艇予想サイト

「簡単そうで当たらない」

「紐抜けをして大物を取り逃がしてしまった」

「インが逃げれそうな番組なのに負けてハズれてしまった」

誰もが経験したことある苦い経験。

それだけボートレースとは奥が深く難しいものとされています。

しかしそんなボートレースを攻略することで稼いで暮らしを豊かにしている人、成功している人があなたが知らないだけで実はたくさんいるのをご存知でしょうか?

大金を手に入れるには、実績のある予想を手に入れるのが一番です。

そこでオススメしたいのが、信頼できる実績のある競艇予想サイト。

競艇予想サイトとは、その言葉の通り競艇(ボートレース)の予想と買い目を無料、有料で公開するサイトのことを言います

その最大のメリットは通常のルートでは手に入れる事が出来ない情報を基にした買い目で多くの儲けを生み出す事が出来ます。

これまでおこなってきた数々の競艇予想サイトの検証から、現時点で超優良と認定できる競艇予想サイトを項目別にランキングを紹介

是非、皆様の舟券のお役に立てれば幸いな限りです。

競艇予想サイトおすすめランキング

 

概要欄

ボートレーサーSNS 一覧

 

管理人からのお願い

LINE登録


おススメ情報を配信

 

ブログランキング

ブログランキング参加中

 

平均評価: 0