【3カドの男】三井所尊春電撃引退

競艇ニュース

【3カドの男】三井所尊春電撃引退


2017年にG1多摩川ウェイキーカップを制覇するなど通算で54度の優勝、1430勝を記録した三井所 尊春(みいしょ たかはる)が突如現役を引退したことが明らかとなった。

誰よりも優しく、誰よりも熱い佐賀支部の個性派レーサーで多くのファンに愛された三井所の突如の発表にはグランプリ真っただ中のボートレースファンを驚かせた。

 

突然の選手登録削除

2022年12月16日、ボートレース公式サイトから三井所の選手登録が削除された。

2022年1月に審査期間2本目のフライング失格を行って以降、フライング休みが明けてからもレースへの斡旋が行われることなくファンからも「一体何があったのか?」と心配されていたがあまりにも突然の出来事であった。

ボートレースの選手登録は怪我などを理由に更新が出来ない場合は一時的な抹消処置が取られることもあるため「抹消=引退」ではないという話もあったのだが2022年12月17日にSGグランプリシリーズの勝利者インタビューにて翌日の優勝戦への意気込みを聞かれた同じ佐賀支部の宮地 元輝が「三井所さんが辞められたって聞いたのでその分も俺が頑張ります」と強い言葉を発したことで現役引退は確定した。

なお最近の選手にしては珍しく公になっている形でSNSは一切やっておらず、突然の引退でもあったことから現在のところその理由はわからないままとなっている

 

苦悩の先のG1制覇

三井所を振り返る上で欠かせないのはやはり生涯唯一のビックタイトルでもある2017年のG1多摩川ウェイキーカップだろう。

1号艇には「江戸川鉄兵」の異名で知られる地元東京支部の石渡 鉄兵、2号艇には関東のエース毒島 誠がインを固めており通常カドイチになりやすい4号艇に白井 英治、5号艇に当時愛知支部の若手の注目株だった岩瀬 裕亮、6号艇にはあの松井 繁が「ターンの時代を変えた」と高く評価している群馬支部の秋山 直之が名前を連ねた。

予選最終日~準優勝戦で合計3連勝をして3コースの座をゲットした三井所は展示から3カドを主張し本番でも師匠である江口 晃生直伝のスーパーピット離れで1コースをダッシュした毒島と2コースになってしまったとはいえ予選1位通過でこの座にたどり着いた石渡 鉄兵を捲り切り2001年のデビューから実に16年の年月をかけての待望のビックタイトルであった

レース後にはファンの前での優勝インタビューではファンからの声援に大粒の涙を流したのだがここに至るまでには何度もG1の優勝戦に乗りながらチャンスを逃し続けてきたことが大きく関係していた(特に2012年2月には芦屋、常滑と連続でG1優勝戦で1号艇を獲得しながら敗退した経験もあった)

この優勝以降、多くのファンからは「3カドと言えば三井所」、「赤い枠での三井所の一発は買いたい」というイメージが浸透することとなった。

無料予想的中速報!

ファンタジスタ

 

日時 2023年 02月02日
レース数 宮島8R(4-1-2)
倍率 25.9倍(1,000円分)

 

 

本日の無料情報をチェック

 

 

三井所尊春にまつわるエピソード

支部内の関係

佐賀支部と言えば「峰一派」と呼ばれるほど峰 竜太を筆頭として上野 真之介や山田 康二といった弟子、そしてその選手たちに弟子がつく一つの組織が出来上がりつつある。

三井所はこの一派誕生より前の選手という事で自身の出身校である佐賀商業の先輩の上瀧 和則に弟子入りをしている(一時、成績に伸び悩む三井所にイン屋の転向を勧めたのも師匠である上瀧だった)

三井所にとっては兄弟子にあたる松江 秀徳については「私生活が無茶苦茶」と称しており上瀧に弟子入りを果たした当初は松江の部屋の掃除を任されていた一方で悩んだ際には相談できる大切な先輩であることを明かしている。

弟子である百武 翔は三井所と同じ佐賀商業の野球部の出身。この他にも野田 なづきが弟子入りをしている。

峰 竜太がG1の優勝戦に挑む直前に偶然遠くに三井所を見かけると先輩である三井所が自分が乗る予定のボートを磨いてたことがあった。これは少しでもボートを磨くことで少しでも舟が前に進んでいけばという思いからの行動だったらしく峰は思い出すだけで涙が出るほど感動したことと語っている。

また以前に尼崎の記念レースにて4号艇だった三井所が展開を作り5コースの峰が勝利した際には「展開を作ってくれてありがとうございます」と峰が手を合わせるとそれに不服を覚えることも無く素直にグータッチで返す器の広さを感じさせた。

突然の涙と土下座

映像や当時の写真が無いが三井所について語り継がれているエピソードとして新鋭王座決定戦での土下座というものがある

2006年1月に地元であるボートレース唐津での話。

現在のヤングダービーにおけるレースという事でオープニングセレモニーでは当時の若手選手たちがおふざけモードでパフォーマンスを繰り返す中で選手代表としてシメの挨拶を任された三井所は神妙な表情で壇上に上がると謝罪の言葉と土下座を行い会場にいた誰もが驚いた。

これは新鋭王座決定戦が実施される直前に佐賀支部の選手たちが集結して行われる正月開催の佐賀県選手権のとある騒動が理由となっている。

佐賀県選手権のドリーム戦の公開インタビューにて上瀧 和則、長溝 一生に対して酔っ払った客の1人が大声で野次を飛ばしたことに上瀧と長溝が「うるさい」と激怒。

これに逆上した酔っ払った客がライターやペットボトルを投げつけると檀上に上がり現場は騒然。選手たちは警備員に囲まれる形で退場しドリーム戦の公開インタビューも急遽中止される騒動となった。

地元の正月開催で関係のないファンにも迷惑をかけてしまった責任感や、自身の師匠である上瀧の失態に対して弟子である三井所は責任を重く感じたゆえに地元開催である大舞台でのこのような謝罪に至った(上述の内容通り三井所は事件にまったく関与していない)

今ではYouTubeなどを通じてどの場でもドリーム戦のインタビューを観ることが出来たり、来場者へのお酒の対応、野次の質の悪さには厳しい処置が取られてあり得ない話なのだが、血の気の多い佐賀支部の当時の状況を感じさせるエピソードでもある

ノビに絶対の自信

3カド戦や時にはチルトを最大限まで跳ね上げ伸びを追求したレースを代名詞としてきた三井所。

以前のインタビューでも「自身には赤いイメージ(3枠)しかない」、「このエンジンを自分が出せなかったら他の選手には出せない自信がある」というほど伸び型のスタイルを確立後は強気なコメントを残している。

その一方で選手として持ちペラ制度の廃止、現在の出力低減モーターの導入に苦しめられた典型例の選手でもあり「モーターは変えてほしくなかった」と語っている(このいずれもが決定した際の選手会の会長が師匠の上瀧だったのも皮肉な話

上手くいかなかったら前のスタイル(イン屋)に戻ればいいとも語っていたが、引退する最後まで自分のスタイルを貫き通した(同じように伸び型のレーサーとして知られる東京支部の佐藤 大佑や徳島支部の菅 章哉の躍進にも一役を買っている)

 

無料予想がアツイ予想サイト!

1位OCEAN
的中率:★★★★★

安全面:★★★★★

回収率:★★★★

推奨度:★★★★★

検証結果

無料登録

2位ファンタジスタ
的中率:★★★★

安全面:★★★★★

回収率:★★★★★

推奨度:★★★★★

検証結果

無料登録

3位PIT
的中率:★★★★

安全面:★★★★★

回収率:★★★★★

推奨度:★★★★★

検証結果

無料登録

 

まとめ


ひっそりとした形で引退となってしまった三井所。

しかし、突如の現役引退に対して悲しみの声が溢れる多くのファンに愛される選手でした。

その引退の理由などが本人の口から語れる日をまずは待ちたいところだ。

関連記事

長期離脱が続いているあのボートレーサーたち

 

悪質サイトにもうだまされない!おすすめ競艇予想サイト

「簡単そうで当たらない」

「紐抜けをして大物を取り逃がしてしまった」

「インが逃げれそうな番組なのに負けてハズれてしまった」

誰もが経験したことある苦い経験。

それだけボートレースとは奥が深く難しいものとされています。

しかしそんなボートレースを攻略することで稼いで暮らしを豊かにしている人、成功している人があなたが知らないだけで実はたくさんいるのをご存知でしょうか?

大金を手に入れるには、実績のある予想を手に入れるのが一番です。

そこでオススメしたいのが、信頼できる実績のある競艇予想サイト。

競艇予想サイトとは、その言葉の通り競艇(ボートレース)の予想と買い目を無料、有料で公開するサイトのことを言います

その最大のメリットは通常のルートでは手に入れる事が出来ない情報を基にした買い目で多くの儲けを生み出す事が出来ます。

これまでおこなってきた数々の競艇予想サイトの検証から、現時点で超優良と認定できる競艇予想サイトを項目別にランキングを紹介

是非、皆様の舟券のお役に立てれば幸いな限りです。

競艇予想サイトおすすめランキング

 

概要欄

ボートレーサーSNS 一覧

 

管理人からのお願い

LINE登録


おススメ情報を配信

 

ブログランキング

ブログランキング参加中

 

平均評価: 0