ボートレース丸亀は香川県丸亀市にあるボートレース場。

特徴的なのは最終周回に入る際に競輪のように打鐘が入る。(丸亀と常滑のみ)

支部戦として、正月には市長杯争奪BOATRACEまるがめ大賞、ゴールデンウィークには元レーサーの安岐真人氏を称えた安岐真人杯争奪 瀬戸の大魔神大賞、お盆にはRNC杯争奪サマーチャンピオンレースが行われている。

周年記念に京極賞が行われている。

 

水面特徴

防風ネットを設置しているためそれほど風は強くならない。

風向きはおおよそ1年を通して北からの向かい風で、冬場は風の影響が強くなる。

天候の変わり目になると時折追い風となるのでスタート勘が問われることとなる。

水位の差と1マークのふり幅も大きく、干潮ではまくり、満潮では差しの出番が増える。

 

企画レース

グレード関係なく

1R「Welcomeブルーナイター オープニングレース」

12R 「ラストバトル」(初日はドリーム戦、最終日は優勝戦のため除く)

どちらも1枠にA級や機力、成績等で有利な選手を置くことが多い。

 

一般戦

5R「5!GO!レース」

1,3,4枠にA級選手を配置することが多い。(1,2,4の場合もあり。)

1枠の選手より他のA級選手の方が成績やモーターが優勢の場合が多い。

 

6R「アフターファイブレース」

2,3,6枠にA級選手を配置することが多い。時折1枠には極端に勝率が低い選手を配置するなどによって236や326の目が1番人気になることもある。

 

8R「まるポでGO!進入固定」

1,2,4枠にA級選手を配置することが多い。タイトルの通り進入固定で行われる。こちらも1枠の選手より、他のA級選手の方が成績やモーターが優勢の場合がある。

 

舟券攻略

秋と冬にやや1枠の信頼度が落ちるもののそれでも1着率は50%以上。基本的にはインが強いボートレース場。番組編成もそこまで偏っているわけでもないので、当てて楽しむという点ではオススメのレース場とも言える。

逃げからの出目のデータでは、

1-2 17.8%(406円)
1-3 13.0%(515円)
1-4 9.9%(709円)

※カッコ内は平均配当

と1コース2コースの組み合わせが多くなっている。

逆に目立ったイン以外の特徴も見当たらないことから過度な穴狙いは難しいかもしれない。

 

穴狙い人向け

それでも穴狙いをするとなるなら5、8レースの企画レースを狙ってみてほしい。

この2つのレースでは1枠以外のA級選手が成績や機力で上位となることが多く、なかでも4枠の選手が明らかに強い場合には一気のカドまくりということがしばしばある。

となると5.6枠にはB級選手が配置されているため必然と配当があがってくるのである。

4-5 2.1%(4006円)
4-6 1.4%(5375円)

※カッコ内は平均配当

 

また4のまくり展開に乗じて2が小回りで残すと

4-2 2.5%(3947円)

※カッコ内は平均配当

とこちらも配当妙味十分。

干潮で向かい風という要素も重なれば、4のまくり展開になることで穴党ファンの出番がようやく生まれそうだ。

 

その他の注目データ

さらに傾向として、1-2の割合が高いレース場であるにも関わらず、3.4Rでの1-2絡みの発生回数が極端に少なくなっている。

具体的にどの出目が多く出現しているというわけでもないのだが、番組として混戦となるよう組まれている可能性が高い。

 

他のデータとして展示タイム1位の選手がそのまま結果に直結していることも多く、2連対率では約50%という結果が残っている。

つまり、これらの内容を加味すると、1枠や4枠が展示1番時計をマークすることで、自分が狙いたいレースなのか否かということも見えやすくなってくるのではないかと考える。

 

ここ数年のビッグレースでは峰竜太選手や井口佳典選手が複数回優勝戦に進出するほか、地区戦や支部戦では森高一真選手や片岡雅裕選手、重成一人選手や三嶌誠司選手らがファイナルに駒を進めることが多いので注目だ。

 

 ポイント 

①基本はとにかくイン。1-2中心。

②満潮はスロー優勢。干潮ならまくりに注意。

③穴を狙うなら5,8レースのカドまくりや3,4レースの混戦狙い。

④展示1番時計は素直に狙う。

⑤大レースでは峰竜太、井口佳典、香川支部のA1選手狙い。

平均評価: 0