ミスター広島 前本泰和 電撃引退

ミスター広島 前本泰和 電撃引退

 

2021年のグランドチャンピオンなど2度のSG制覇、133度の優勝を誇る広島支部のベテラン前本 泰和の現役引退が2023年2月23日に明らかとなった。

一般の鬼、広島の雄とも呼ばれ2023年に入った現在もA1級レーサーとして全国各地で活躍を続けていた前本の突如の発表は多くのファンを驚かせた。

 

 

前本 泰和とは

前本 泰和 元選手の情報を紹介していきます。

プロフィール

名前 支部
前本 泰和 広島 70

 

前本 泰和は1972年に広島県に生まれる。

ボートレースが好きだった父親の影響もあり高校卒業後に「一度だけ受験してみるか」という考えで試験を受けたところ一発合格で養成所へ入寮し70期生として1992年にボートレース徳山でプロデビュー戦を迎える。

70期生の同期には濱野谷 憲吾中里 優子西村 勝吉川 昭男などがいる。

デビューから5年が経過した1997年に初優勝を飾りその後も一般戦を中心に活躍するレーサーとして選手生活を過ごすことになっていく。

 

その前本が多くのファンに注目されるようになったのがデビューから15年目を迎えた2007年。この年は年間11V、G1初優勝を飾ったのだが5月28日のボートレース唐津の優勝を皮切りに丸亀、常滑、鳴門、津、びわこ、多摩川と7節連続の優勝でそれまでの6節連続優勝の記録を更新

2013年に地元宮島でG1優勝、同年の賞金王シリーズ戦(現グランプリシリーズ)で待望のSG初制覇を達成

2016年に24場制覇2018年には通算2000勝を達成するなど毎年のようにコンスタントに勝利を積み重ねていき2021年にSGグランドチャンピオンで2度目のSG初制覇を達成と自身3度目となるグランプリ出場を果たす(前本にとって7年半ぶりのSG制覇だったが、これは広島支部にとっても7年半ぶりのSG制覇。同年11月には辻 栄蔵がチャレンジカップ制覇で再び広島支部へSG優勝を届けることになった)

2022年に地元ボートレース宮島で開催されたSGボートレースオールスターに待望の初出場を果たし予選突破、2023年に入ってからも多くの記念レースの斡旋が予定されていたが以前からの持病であったヘルニアの悪化もあり「一身上の理由」で現役を引退

通算2420勝、優勝133回(SG2回、G1 6回、G2 1回)、43期連続でのA1級という数々の記録を打ち立てた「ミスター広島」、「広島の雄」は50歳という一つの区切りを持って水面を去る

 

一般戦の鬼

現役の晩年はSG、記念戦線で名前を見ることの多かった前本だがその優勝回数の多さからもわかる通り以前は一般戦を中心に全国を飛び回り「一般戦の鬼」としても知られていた。

2007年にボートレース児島でG1初優勝を飾った際に表彰式にゲストとして檀上に立った植木 通彦は前本の実力であれば既にG1を何度も優勝している選手だと勘違いしたまま壇上で「おめでとう」と軽く言ってしまったことを後に本人に謝っているのだが、優勝というのが常に当たり前に存在する選手であることを裏付けるエピソードでもある

外枠戦になれば積極的にコースを主張していくレーススタイルとペラ整備に定評がある。ペラを自分の形すればどんなモーター、どんな場でも戦える強い自信を持っている(ペラで戦える自分のスタイルがあるがゆえにエンジン整備はよっぽど悪い限り行わない影響で現役の最後の最後まで「課題は整備が出来ない」と嘆いていた

その圧倒的優勝回数からもわかる通りコース取り、攻め方など常に戦略的なレース展開する選手で「すべて優勝する強い気持ちで走る」ことを信条としていた。

師匠より先の引退

 

前本の師匠は同じ広島支部の西島 義則

 

前本が「一般戦の鬼」であればこちらは「インの鬼」として知られる60歳を超えた現在でもA級レーサーとして活躍する大ベテラン。前本のインを主張する姿勢やペラの基礎は西島譲りな部分でもある。

弟子である前本も2か月後の4月には51歳を迎えるベテランではあるが師匠である西島が弟子の前本を送り出す形となってしまった。

 

好調無料予想サイト

ギャラクシー

日時 2024年 04月12日
レース数 鳴門11R
結果 3-1-4
倍率 38.2倍

[/su_list]

 

前本 泰和ってこんな人

全国各地の水面で大きな怪我もなく長年活躍をつづけた前本 泰和にまつわるエピソードを紹介していく。

大の犬好き

自身の子供たちが成長と共に遊ぶ機会が減ったこともありペットショップへ行きそこでチワワと運命の出会いを果たし購入。

その後も癒しを求めてペットショップへ行っては2匹目、3匹目と様々な種類の犬たちが家族の仲間入りを果たすことになる。

寡黙な仕事人

寡黙なエピソードが多い前本はピットでも寡黙に仕事をする職人肌な選手。

西山 貴浩は「どんなエンジンを引いても絶対に出してくる。あの人はブラックジャックですよ」、守屋 美穂は「黙々と仕事をされてエンジンを出して結果を出しているのを陰ながらいつもこっそり見ている」とそれぞれ前本のピットでの印象を語っている。

寡黙な仕事人は艇界屈指のペラ調整でもあり常に行き足を重視しており他の選手と足合わせをした際にもわざと遅れてスタートをしてみたり起こしの鈍さを見極めながら自分の納得がいく仕上がりを追求していた。

几帳面な一面もあり前本が使用したペラを次節で受け取った西山は「叩き方に愛情が籠っている出足の良いペラでした」とその完成度もさることがら綺麗なペラに驚いたという

無料予想がアツイ予想サイト!

【1位】競艇ハッスル
的中率:★★★★★

安全面:★★★★★

回収率:★★★★★

推奨度:★★★★★

検証結果

無料登録

【2位】ストロング
的中率:★★★★★

安全面:★★★★★

回収率:★★★★★

推奨度:★★★★★

検証結果

無料登録

【3位】競艇バブル
的中率:★★★★

安全面:★★★★★

回収率:★★★★★

推奨度:★★★★★

検証結果

無料登録

 

まとめ

誰よりも勝利を追い求める広島の職人の突然の引退。

一般戦の斡旋が多い故に「記念での前本は過剰評価で買えない」と揶揄する声を弾き返すようにSG、G1で優勝を増やしていったミスター広島の雄の突然の幕引きはやはり寂しい限りだ。

目の前の1レース、目の前の1勝、目の前の優勝・・・常に全力で戦い続けた広島支部のレジェンドのような選手が艇界に一人でも多く現れることを期待したい

前本 泰和選手、現役生活お疲れさまでした。

 

悪質サイトにもうだまされない!おすすめ競艇予想サイト

「簡単そうで当たらない」

「紐抜けをして大物を取り逃がしてしまった」

「インが逃げれそうな番組なのに負けてハズれてしまった」

誰もが経験したことある苦い経験。

それだけボートレースとは奥が深く難しいものとされています。

しかしそんなボートレースを攻略することで稼いで暮らしを豊かにしている人、成功している人があなたが知らないだけで実はたくさんいるのをご存知でしょうか?

大金を手に入れるには、実績のある予想を手に入れるのが一番です。

そこでオススメしたいのが、信頼できる実績のある競艇予想サイト。

競艇予想サイトとは、その言葉の通り競艇(ボートレース)の予想と買い目を無料、有料で公開するサイトのことを言います

その最大のメリットは通常のルートでは手に入れる事が出来ない情報を基にした買い目で多くの儲けを生み出す事が出来ます。

これまでおこなってきた数々の競艇予想サイトの検証から、現時点で超優良と認定できる競艇予想サイトを項目別にランキングを紹介

是非、皆様の舟券のお役に立てれば幸いな限りです。

競艇予想サイトおすすめランキング

 

概要欄

ボートレーサーSNS 一覧

 

管理人からのお願い

LINE登録


おススメ情報を配信

 

ブログランキング

ブログランキング参加中

 

平均評価: 0