ボートレース初心者でもわかる舟券の買い方

ボートレース初心者でもわかる舟券の買い方

昨今、不景気が騒がれている中で競艇人気は勢いを増しており、各競艇場の売上は右肩上がりとなっています。

ボートレース人気を下支えしている要因はいくつか存在しますが、その最も大きな理由が多彩な舟券の購入方法です。

今回、当記事はその舟券の購入方法についてまとめてみました。

どうぞ最後までご覧ください。

 

ファンタジスタ

 

日時 2022年 09月30日
レース数 常滑8R(3-1-6)
倍率 68.6倍🎯(1000円分)

本日の無料情報をチェック

 

舟券購入の方法

本場発売と場外発売


舟券購入方法の中で最もスタンダードな方法が、競艇場の本場発売と、場外発売です。

例えば、九州地区の中でも競艇が盛んな地域の一つが福岡県を例として挙げると、福岡県には①福岡競艇場③若松競艇場③芦屋競艇場の3つの競艇場が存在します。

福岡競艇場に足を運んで、目の前で開催されている福岡競艇のレースを購入できるようにしているのが、本場発売です。

しかし、レースとレースの間にはインターバルが存在します。

その間に次のレースの予想をするのがベーシックですが、その間にも他の競艇場のライブ映像を放映しつつ、他場の舟券も購入してもらおうという試みが、場外発売です。

福岡競艇の場合は、同県の若松競艇や芦屋競艇と優先的に契約し、地域の競艇人気を支える傾向にありますが、必ずしもそういうわけではありません。

SGやG1など、人気選手がや実力派の選手が多く参戦する大きなレースを放映し購入できるようにするなど、たくさん投票してもらえるような試みが、全国的に見られます

ボートレースチケットショップ

先のように競艇場に直接足を運ばなくても、昨今では全国各地に舟券を購入できるブースが設置されています。

それがボートレースチケットショップ(通称BTS)です。競艇は水面での競技のため、冬場は凍結してしまうような地域では冬場は開催ができません。

しかし、東北や北海道にお住まいの方々にも季節関係なく競艇を嗜んでもらおうと、北海道や青森、秋田などにもBTSは設置されています。

参考URL: https://www.boatrace.jp/owpc/pc/site/place/ticket_shop/

そのチケットショップでは、本場以上に多くの競艇場のレースを購入できる傾向にあり、ファンが集う場となっています。

テレボート(インターネット投票)


競艇が売上を伸ばしている大きな要因の一つが、テレボートです。

テレボートとは、インターネットを駆使して舟券を購入できるサービスのことで、まずはテレボートの会員登録をする必要があります。

会員登録後、専用のテレボートサイトから、自身の銀行口座を登録し、テレボートサイトにお金を移動すると、開催されているレースの舟券を購入できるというもの。

上記の登録までの流れは、インターネット環境さえ整っていれば、簡便に行えます

もちろん銀行を登録する必要がありますし、舟券を購入すること自体が20歳以上という流れで年齢制限がありますが、それらをクリアすれば誰でも行えるものとなっています。

本場やBTSに足を運ばなくても、好きな場所で好きなレースが購入できるという気軽さが競艇人気を支えていると言っても過言ではないでしょう。

なおテレボートにはキャッシュバックの特典を設けているボートレース場が多いのでしっかりとチェックし併せて登録しておくと良いでしょう。

電話投票


電話投票とは、その名の通り電話で舟券が購入できる仕組みのことを指します。

電話投票は、先のテレボートよりも先に開始されました。

まずはテレボートの会員登録を行い、会員登録後、専用のテレボートサイトから、自身の銀行口座を登録し、テレボートサイトにお金を移動するまではインターネット投票と変わりません。

インターネット投票と異なるのは、投票の方法が、プッシュホン電話(押しボタン式電話)で、競艇場ごとに用意されている番号(気流競艇であれば01)をプッシュし、その後、レース番号(1レースなら01)、そして勝式をプッシュ(3連単なら31)します

そして、3連単で1-2-3を購入するとしたら、1,2,3とプッシュし、最後に金額(100円なら001,1000円なら010)を入力します。

そして最後、投票終了コードというものがあり、こちらは0#とプッシュする必要があります。

入力方法が複雑で、慎重に行わなければならないため、昨今はインターネット投票が主流となっています。

 

これでもう困らない!

【最新版】競艇予想サイトおすすめランキング

詳細は画像をタップ!

 

まとめ

公式ホームページやYouTubeでもレースを無料で視聴できることから気軽に楽しめる事が出来るボートレース。

しかし、最近になってボートレースを始めた人は舟券は買った事があるのにレース場に足を運んだ事が無いという人も結構多いようです。

実際の臨場感やレースでの興奮を楽しめるので一般戦であっても近くにボートレース場があるという人は時間を見つけて実際に体験してみるのをおススメします。

 

概要欄

ボートレース公式(外部)

https://www.boatrace.jp/

テレボート公式(外部)

https://www.boatrace.jp/bosyu/pc/

ボートレーサーSNS 一覧

PIT

日時 2022年 09月24日
レース数 津10R
倍率 85.4倍🎯(2000円分)

本日の有料情報をチェック

 

管理人からのお願い

LINE登録


おススメ情報を配信

 

ブログランキング

ブログランキング参加中

 

平均評価: 0