ボートレース戸田は埼玉県戸田市にあるボートレース場。

その狭さとターンマークをそれぞれターンの入り口側に振ってあるため、イン逃げが決まりにくいことや道中での逆転が見られることが特徴に挙げられる。特に全24場で最もイン逃げが決まりにくく、スタート次第では様々な結果になることもあり、予想するにも難しい場の1つである。

周年記念として戸田プリムローズが行われる。地区戦として、正月は埼玉選手権、ゴールデンウィークにはウインビーカップ、お盆には戸田ボート大賞が行われる。

 

ボートレース戸田(戸田競艇場)水面特徴

全国的に見ても指折りの狭さは特徴である。これに加えて1マークではスタンド側、2マークではバック側にターンマークが振ってあるためどちらを旋回するにしても窮屈なターンが強いられる。スタート地点から1マークに向かっての直線距離においても3・4コースが近くなっている。無料バスのロータリーからスタンドへ向かうには橋を渡る必要があるが、その橋の上から水面を見ればその曲がり方は一目瞭然である。元は漕艇場として開発されたため波は一年を通して穏やかである。

 

ボートレース戸田(戸田競艇場)企画レース

一般戦

2R ウィンウィン2(ツー) 4枠のみにA級レーサー
7R ウィンウィン7(セブン) 1枠のみにA級レーサー

どちらも番組編成上行われないときがあり、その際には企画レースの名称は使用されない。

 

ボートレース戸田(戸田競艇場)舟券攻略

舟券攻略

関東の場では相対的に言えることだが、基本的には一般戦であっても予選では各選手均等になるよう枠番が組まれることが多い。そのためイン勝率は西日本の各場より下がり、それ以外の目が比率があがっている。また、上位人気に1を絡めない組み合わせがなっていることもよくある。よって出目的な部分は記念クラスであれば通用することもあるが、基本的には①枠の利 ②選手の腕 ③モーターパワーをしっかりと確認した上で舟券の購入をしてほしい。

本命党には企画レースをピンポイントで狙うというのが無難な選択になるのではないか。まず2レースのウィンウィン2では4号艇にA級レーサー。他が全てB級となる。準優日や最終日こそ、このA級選手には予選落ちした選手であることから、幾分信頼度は落ちることになるかもしれないが、予選ではシリーズの中心となるような選手が入ることもある。また他の枠番に入るB級の選手もスタートが不安、成績が今ひとつといった傾向があることがしばしばみられることから、意図して4枠の選手が勝ちやすくしているように番組が編成されているともとれる。

そうなれば本命を狙うとなれば2つのパターンがある。1つは逃げからの2・3着に力量上位の4を絡める方法。2つ目は4の頭固定で展開利が見込まれる外枠勢を2・3着に絡める方法。この2つがウィンウィン2での基本となる。7Rのウィンウィン7では1枠のみがA級レーサーで、他がB級レーサーとなる。こちらも2R同様に抜けた実力の選手が1枠となることもあり、イン劣勢の戸田であっても実力者がスタート同体から1マークを先に回るようでは逃げに持ち込むことが多くなってしまう。一方で相手関係が難しいこともあるが、最も信頼をおけそうな選手(勝率面や機力面)を2・3着に据えての流しが無難な策であろう。

 

穴狙い人向け

穴党の方にはスタートから1マークの展開に重点を置いて考察することが重要である。選手の平均スタートやその節でのスタートの見え方、そしてスリット付近のモーターや勢いを考える点がまず1つ。そして、まくりに行く選手が内側の抵抗に合ってターンが外に飛んで行ってしまうときに展開が向く選手を頭に据えることだ。狭い水面であるが故に、大きく流れてしまうと壁に衝突する危険性があり、そのままのスピードで旋回することが不可能となる。そこで攻め手の外が展開を捕らえて高配当提供の使者となることがよく見られる。平均配当こそ落ちるものの、西日本各地の場と比較すると4-3のような逆目の確率が高くなっている。穴党でも平均配当が高い分、超高配当を望むことは難しい点は留意しておいてほしい。

4-3(戸田) 2.7%(2065円)

参考までに他の競艇場のデータは、

4-3(芦屋) 1.5%(4821円)
4-3(大村) 0.7%(6138円)

※カッコ内は平均配当

 

ボートレース戸田(戸田競艇場)その他の注目データ

得意選手

全国クラスの中心選手で、地元の桐生順平選手は水面の狭いでもフルに使った全速旋回が魅力。3周使っての追い上げをするなど、地元だからこそのレースを見ることができます。

1着数や優勝回数といった面では須藤博倫選手、中澤和志選手、山崎義明選手が300勝以上という記録がある。

一方、勝率では松井繁選手、今村豊選手、深川真二選手、白井英治選手が他地区ながら8点台と高勝率をマーク。

地元若手では中田竜太選手や佐藤翼選手らのさらなる成長にも期待。

 

ボートレース戸田(戸田競艇場)ポイントまとめ

①狭い水面とターンマークの振り、番組構成でイン勝率は低い。

②企画レースは本命党も穴党も注目。

③攻めの選手の外が好配当を連れてくるかもしれない。

④戸田であっても全速ターンの出来る高レベルの選手は結果に結びつきやすい。

 

平均評価: 0