ボートレース尼崎(尼崎競艇場)とは?おすすめの買い方や水面特徴まで徹底分析!


ボートレース尼崎(尼崎競艇場)は兵庫県尼崎市に位置するボートレース場で1952年に開場し現在に至る。

阪急本線の尼崎センタープール駅に直結しており、改札を出ると場外舟券場が隣接されている全国で見ても稀な設計となっています。
平成30年よりスタンドの大改装に着手し令和4年4月に完成。レースの観覧施設の充実はもちろんのこと、全館においての無料Wi-Fiの整備、子供用の遊び施設、フードコートの充実など多様なニーズに沿ったサービスを強化することに成功。同月にはスタンド完成を祝した「ボートレース尼崎リニューアル記念競走 ~Moooviあまがさきオープン~」が実施された。

 

ボートレース尼崎(尼崎競艇場)特徴

六甲おろしと浜風

阪神タイガースを好きな人にはお馴染みのこの2つのワードは阪神甲子園球場に近い位置に存在するボートレース尼崎でもレースの傾向に影響を与える。

まず浜風は気温の上昇で流れてくる海風のことで、六甲降ろしとは冬の季節に強く吹く風で、このいずれもが水面に対して向かい風となることでスローの選手が不利に働く。年間のイン逃げ率が63%から65%の辺りを推移しているがこの季節風の時期は通常時より1~2%数字が下がる。

通常時はプールを使用した淡水の水面は非常に穏やで全速戦向きの水面ではあるが、スロー、逃げが有利な水面と称する人が多い。

シード番組

1R 朝からセンプル 3号艇か4号艇にA級レーサー
6R 昼どきピンクル 1号艇と3号艇か4号艇にA級レーサー

センタープールという名称の通り中枠に有力選手を置くシード番組が充実している。

朝からセンプルは有力選手が中枠ということで攻めが不発すると逃げ切りでも相手次第で高配当を呼び込む事がある。

 

ボートレース尼崎(尼崎競艇場)主要レース

G1 尼崎センプルカップ 周年記念レース。1月中旬の実施が多い。
G3 FM OSAKA杯 企業レース

 

概要欄

公式ホームページ

公式Twitter

 

YouTubeチャンネル

 

ボートレースを的中させたいあなたへおすすめの無料予想

【PR】データ・サイエンスが勝利へ導く 新競艇予想ロジック

トリプルクラウン

無料情報実績

06/23 無料情報

鳴門12R【10.2倍】的中

払い戻し【10,200円】

 

有料情報実績

06/24 マスターピース

唐津7R【136.2倍】→唐津9R【75.6倍】的中

払い戻し【567,000円】

 

登録

① ページ内の入力欄にメールアドレスを入力し『会員登録メールを受け取る』をクリック
② 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる(メールが届かない場合は迷惑メールフォルダに届いてる可能性があります。)

 

平均評価: 0